カイザーレオンおめでとう!&今週のレース結果

f:id:s-bellto:20190915230238p:plain


f:id:s-bellto:20190405173305p:plain

金曜に「今週の出走馬」、日曜に「今週のレース結果」、勝利馬が出た時にはレース内容を文字に起こして、勝利の余韻に浸るお手伝いをします。

☆土曜・札幌3R 3歳未勝利(ダ1700)カイザーレオン1着

前走は先週土曜、2番手から早めに捕まえにいったものの先に抜け出した勝ち馬にわずか及ばず2着。今週が未勝利戦最終週、ラストチャンスを掴むべく連闘を敢行。単勝オッズは1.5倍の1番人気、鞍上にリーディングジョッキー川田騎手を迎え、勝利を目指します。

しっかりスタートを決めたものの無理はさせず、他馬の様子を見ながら4番手に構えます。生き残りをかけた最終戦らしく、向こう正面から3コーナーで早めに動く馬が続々と現れる中、川田騎手はそれを予見していたかのごとくマイペースを保ち、じっと我慢。残り600を切り、軽快に逃げる先頭を追って進出開始。徐々に差を詰めながら、2番手で4コーナーを回ります。

直線を向いて、逃げ馬まで残り1馬身。カイザーレオンと馬体を併せながら上がってきた11番は勢いに陰りが見られここまで。残り200、前をいく逃げ馬を捕らえ、一気にかわしきるとここで勝負あり。それでも油断することなくムチを振るい、末脚鈍ることなく進むウイニングロード。最後は4馬身差をつけて、ゴールイン。ついに、ついに歓喜の瞬間が訪れました!

テン乗りで圧倒的一番人気を背負い、絶対に負けられない状況。スタートを決め、折り合い、最高のタイミングで仕掛けて前を捕らえきる。簡単なようで最も難しいことをあっさりとやってのける、さすがは今年108勝目となったリーディングジョッキーの手綱さばき、圧巻でありました。

先週で決め切れず、連闘は既定路線とはいえ、実力どおりに勝ち切るのはコンディション管理が成功したからこそ。よい状態で送り出してくれた伊坂厩舎の厩舎力にも拍手です。

劇的な勝利でTwtterはお祭り騒ぎとなりましたが、もう一人喜んでくれていたのが前走まで手綱を取り続けてくれた横山和生騎手。現地で撮影されていた方から、勝ち戻ってきた時の動画がアップされておりました。

お手馬の登録状況の関係で今回は手綱をとれなかったとのことですが、これまで愛着を持ってカイザーレオンに乗ってくれていたかがよくわかります。この勝利に繋がったのは横山和生騎手の貢献があったからこそ。胸が熱くなるワンシーンでありました。

最後まで諦めない心こそノルマンの真骨頂。出資者のみなさん、本当におめでとうございました!

 

また土曜惜しかったのがゴールドパラディン。好位からレースを進め、4コーナー回って先頭へ。このまま押し切りたいところでしたが、外から満を持して追い出してきたサンデーRとの叩き合いとなり、わずか及ばすの2着。ハンデ差2kgがなければと思わずにはいられませんが、100点満点の騎乗で力を出し切っての結果。続戦とのことですので、次の中京で待望の勝利をみせてくれるはずです!

日曜に大健闘をみせたのがエクストラノート。5ヶ月強の休み明け、近3走が二桁着順で単勝275.8倍で迎えたレースでしたが、後方から4コーナー大外を回り、直線も力強く伸びて勝ち馬と0.3秒差の4着。休養を経て、いよいよ良血開花の瞬間が近づいてきたように感じました!

長かった夏競馬もついに終了。3歳未勝利馬にとっては地方から再出発する馬、残念ながらファンド解散となった馬と分かれてしまいますが、すべての馬にとって今後の競走馬人生が充実したものとなりますように、この先も応援しています!