ノルマンディー今週の出走馬【Allez ! La Normandie !】

f:id:s-bellto:20190405173305p:plain

毎週金曜に出走馬、日曜にレース結果、勝利達成時にはレース内容を文字に起こして、勝利の余韻に浸るお手伝いをします。今週は土曜9頭、日曜8頭、見どころいっぱい夢いっぱいのノルマン祭りです!

土曜の注目は先日この世を去った「タイキシャトル追悼記念」と副題のついた3場のメインレースに挑むノルマン三銃士。まずは札幌のディナースタ。前走も芝2600のレース、向こう正面で後方から一気に先頭へ立ち、直線でライバルを振り切っての完勝で1勝クラスを突破しました。今回、ここを勝てば大目標・菊花賞への出走も叶うであろう大事なレース。同じような境遇&同厩舎のディープ産駒がおりますが、ここは譲る訳にいきません。これまで同様に捲り気味に早めに動くのか、はたまた本番を見据えて好位を獲りにいくのか、和生騎手の手綱に注目です!

続いて、小倉ではオルダージュ。タイキシャトル産駒の中央現役馬は残すところわずか4頭。そのうちの一頭であるオルダージュが父の追悼レースに出走するという奇跡。当日は競馬メディア&ファンから注目されることになるでしょう。前走は2番手から真っ向勝負で前を追いましたが惜しくも4着。今回かなりの好メンバーが揃いましたが、チャンスは十分。偉大な父へ、勝利を届けようではありませんか!

新潟ではプリュムドール。昨年10月に3勝クラスに上がって以降、4戦すべて1秒差以内の競馬。今回は手強いライバルがずらりですが、ポテンシャルは全くヒケを取りません。プリュムドールの末脚は初コースとなる新潟で活きそうですし、ここを突破し、早く重賞戦線で戦うところが見たいです!

そして土曜に初出走となるのが3歳馬プロヴィデンシア。ノルマン2019年産屈指の良血・エピファネイア×ぺブルガーデンがついにデビューを果たします。外傷、脚の熱感、腰やトモの疲れ、そしてデビュー前の転厩と苦労が絶えない中でしたが、なんとか未勝利戦に間に合うことができました。まずは無事に、先につながるレースを見せて欲しいですね!

 

日曜の注目は小倉のGⅢ戦・北九州記念に挑むチェアリングソング。前走は後方からスルスルと大外へ持ち出し、上がり最速タイ33.9秒の豪脚で前を追い詰めましたが3着。オープンでも十分戦えることを示してくれました。さすが重賞だけあって、夏のスプリント統一王者決定戦といった様相で凄いメンバーが並んでいますが、ここを勝つことができれば一気にGⅠの夢舞台が見えてくる大事な一戦、団野騎手の力で導いてもらいましょう!

また新潟では初の千直戦に挑むミーハディビーナ。相手を見渡すと実績は上位ですし、あとは外枠をひくのみ。ルーキー佐々木大輔騎手はデビュー以来2度目となる特別戦。気合いたっぷりで勝利を目指してくれると信じています!

そして小倉でデビューを迎えるのが2歳馬フルオブプレイズ。ご存知ノルマン2020年産1次募集の最高額一口72000円のカレンブラックヒル産駒。期待どおりに追い切りで好時計を連発しています。鞍上に今村聖菜騎手を迎え、いきなりから勝負気配。同世代の一番星をここで決めてほしいです!デビュー応援動画は明日夜アップ予定です。

 

 

お盆が終わり、夏競馬も残り3週。大量出走の今週、勝ちまくってもらいましょう!