ディナースタおめでとう!&今週のレース結果

f:id:s-bellto:20190915230238p:plain


f:id:s-bellto:20190405173305p:plain

金曜に「今週の出走馬」、日曜に「今週のレース結果」、勝利馬が出た時にはレース内容を文字に起こして、勝利の余韻に浸るお手伝いをします。

☆土曜・札幌9R 積丹特別(芝2600)ディナースタ1着

前々走で鮮やかな捲りからの差し切りを決めて非凡な才能を開花させ始めたディナースタ。前走はダービー出走をかけてプリンシパルSに挑戦、ここでも小細工なしの捲り勝負に打ってでたものの残念ながら12着。一旦仕切り直して自己条件からの再出発に選んだ舞台は札幌芝2600。1番人気3.9倍で横山和生騎手とともに勝利を目指します。

大外枠で最後のゲート入りで即スタートでしたが、顔を少し外へ向けたところでゲートオープン。その流れで大きく外へとヨレてしまったものの、最初から前へと出していく気はまったくなかった様子で、後方2番手にポジションを取ります。

淡々としたペースで1週目の直線、1コーナー、2コーナーを回り、後方2番手のまま向こう正面へ。外からスルスルとポジションを上げていき、先頭に立ちます。しかし、「ここでいかねば勝てない」と判断したマイネルの丹内騎手。内からディナースタへ併走を試み、2頭併走が続いたまま、直線へと向きます。

このまま叩き合いかと思いきや手応えの差は歴然、一気にライバルを振り切るとあとは独走状態。後続との差も気にならないほどの力強い走りでそのままゴール。改めて実力をみせつける走りで1勝クラス突破を果たしました!

圧巻だったのが一気に先頭に立った向こう正面。パトロールビデオを見ると、和生騎手がうながすことなく、自らの意思と地力で、前との差を詰めて先頭に立っているのがはっきりとわかり、「これは大物!」と断言できる走りだったと思います。これで1勝クラス突破、体調さえ整えばこのまま札幌続戦で2勝クラスへ、その先には秋の仁川の大舞台が視野に入ってくるはず。今から夢は膨らむばかりです。出資者のみなさん、おめでとうございました!

 

日曜に惜しかったのがクトゥネシリカ。道中は後方に構えて、4コーナーで外を回してグングン加速。上がり最速36.6秒の脚で前を追い詰めたもののわずかに届かず、2着とはハナ差の3着。同じ洋芝2000でも起伏の少ない札幌の方があっていそうですし、次で勝ち上がりを期待したいです。

同じく日曜札幌ではワザモノ。3コーナーすぎから捲り気味に前へ出て、直線では各馬横並びの大接戦。長くいい脚を使い続けましたが、惜しくも3着。この夏で2勝クラス突破を果たしてくれると断言しておきます!

今週も勝利を決めたチームノルマンディー、1週あたり10頭程度が出走して1~2頭勝利が8週間連続。なかなかできるものではありません。来週もTwitterで「やった~!」「おたおめ!」が響き渡る週末となることを願っています!