ノルマンディー今週の出走馬【Allez ! La Normandie !】

f:id:s-bellto:20190405173305p:plain

毎週金曜に出走馬、日曜にレース結果、勝利達成時にはレース内容を文字に起こして、勝利の余韻に浸るお手伝いをします。今週は土曜9頭、日曜7頭です。

土曜の注目はヴィクトリオーソ。前走は好スタートからハナを奪いきり、直線でも早めに突き放し、勝負あったかと思いましたが、1頭が猛然と追い上げてきて悔しい2着。同レースまでに5勝固め打ちの戸崎騎手にしてやられた、といった感じでした。今回の相手を見渡すと上位人気4頭ほどの争いとなりそうですが、鞍上にはノルマン逃げ先行馬での好騎乗が光る菊沢一樹騎手、後続を封じて勝ち切ってくれるでしょう!

札幌ではホワイトターフ。前走は函館芝1200でしたが、当日雨が降り続き、どんどん馬場が重たくなる中で最後方から大外一気。差し切りもありえた4着、実力がなければできないレースぶりでした。札幌に舞台を移し、相手を見渡しても十分にチャンスあり。同型の武豊騎手の動きが気になりますが、ここは斎藤新騎手がうまく封じ込めて抜け出してくれるはずです!

日曜の注目は夏の風物詩・アイビスサマーダッシュへ挑むマリアズハート。前走は各馬が外ラチめがけてガンガン飛ばす中で3列目の外ラチ沿いでじっと我慢。一瞬できた、わずかなスペースに巨体をねじ込むながら末脚を伸ばし、一気に抜け出し快勝。千直オープン2戦2勝となり、その後はここ一本で調整を重ねてきました。鞍上には引き続き菊沢一樹騎手。一樹騎手の成績をみると、2019年七夕賞が初重賞勝利で通算1勝。久々の重賞制覇の大チャンス、気合いも入っていることでしょう。ノルマン千直の女王誕生へ、そして秋の大舞台へ。非常に楽しみな一戦です!

札幌ではワザモノ。前走は末脚鋭く大混戦の3着争いに加わるも、わずかハナ差の4着。なかなか骨っぽい相手が揃いましたが、鞍上には先週のミニオンペールでの勝利の記憶に新しい、黛まゆゆ騎手との再コンビ。札幌芝1500もあいそうなイメージですし、2勝クラス突破を決めてもらいましょう!

新潟最終にはアイルビーザワン。前走は「絶対にハナを奪う」と気迫たっぷりに前へ出て、上がり最速36.9秒、直線でもうひと伸びしての完勝。松本騎手が力をうまく引き出してくれました。今回も逃げの一手かと思いますので、同型ライバル戸崎騎手に怯まず、思い切っていってもらいましょう!

そして、日曜新潟でデビュー戦を迎えるのがエスグラシア。昨年はじめに外傷、回復して軌道に乗ってきたところで蹄に蟻洞が発覚。再度乗り出しが可能となったのが今年に入ってから。その後も気性面と馬体減をフォローしながら大事に立ち上げ、6月に初入厩。調教では水準以上の時計をマーク。最終追い切りでも1F11.6秒と素質の片鱗をみせてくれています。既走馬相手のデビュー戦、簡単ではないですがまずは無事に、それ以上の結果を期待しています!

ただいま7週連続勝利中のチームノルマンディー。よくぞここまで伸びましたね。やはり夏は我らの季節。久々の重賞制覇、そして各地で歓喜の瞬間が訪れることを期待しています!