ミニオンペール×まゆゆ騎手おめでとう!&今週のレース結果

f:id:s-bellto:20190915230238p:plain


f:id:s-bellto:20190405173305p:plain

金曜に「今週の出走馬」、日曜に「今週のレース結果」、勝利馬が出た時にはレース内容を文字に起こして、勝利の余韻に浸るお手伝いをします。

☆土曜・札幌11R しらかばS(芝1200)ミニオンペール1着

ここ5走、着順は二桁もありながら着差は1.0秒以内と堅実に頑張り続けていたミニオンペール。ノルマン屈指の名コンビ・黛まゆゆ騎手とともに得意の札幌コースでどのような競馬をみせてくれるのか、11番人気74.5倍でレースを迎えます。

小回り札幌1200で大外16番枠、スタートが鍵を握る場面でしたが見事なトップスタート。二の脚もついて勢いに乗ると、まゆゆ騎手は何度も何度も内の各馬の様子を伺い、「いかないの?」「ほんとにいかないの?」「じゃあ、いっちゃうよ!」といった様子で、ハナを奪うことに成功。突き上げてくる馬はおらず、2番手以降が一団。前半34.6秒はこの馬場で、このクラスとしてはかなりゆったり。理想的な流れで直線へと向きます。

最内びったり回り、あとはどこまで自分の走りを続けるかのみ。まゆゆ騎手の渾身の右ムチ連打に応え、最後の力を振り絞るミニオンペール。お互いの想いがひとつとなり、他馬を寄せ付けず、そのままゴールイン。このコンビで通算3勝目、大波乱を演出する鮮やかな逃げ切りを決めてくれました!

当記事において、何度も『ミニオンペール×まゆゆ騎手の名コンビ』と書き続けてきました。時には結果がでないレースもありましたが、やはりこのコンビの絆は本物。近走の後方待機から大転換して、絶妙のペースでの逃げ、最後まで衰えなかった末脚。感動しました!出資者のみなさん、おめでとうございました!

 

同じく土曜、惜しかったのがラミアヴィータ。ロケットスタートからハナを奪い切り、押し切りをはかったものの惜しい3着。前半3Fが34.0秒のハイペースだけに、内枠だったら、競りかけてきた横山琉人騎手が早めに引いてくれれば・・・とも思ってしまいます。続戦で同じ条件を狙うはずですので、次こそ逃げ切ってくれることでしょう!

日曜に惜しかったのがカイザーレオン。内でじっと構えて、直線ではスムーズに外へ持ち出し、最後は3頭横並びの接戦でわずかに届かず3着。こちらも勝ち上がる力があることは明らか、歓喜の瞬間はもうすぐでしょう!

そして、日曜の後半戦でも好走の連続。ネイリッカは激しい先行勢の競り合いでもしのぎきって4着。前日に続き札幌メインで積極的な逃げで導いてくれた黛まゆゆ騎手のスペロデアも4着。そして、福島最終ではミーハディビーナが最低人気を覆す、馬券圏内まであと少しの4着と大激走。馬群をスルスル縫って末脚を引き出したルーキー佐々木 大輔騎手にも拍手です!

これで7週連続勝利達成のチームノルマンディー、勢いは止まりません。ノルマンの夏、日本の夏。8月も勝ちまくりでいきましょう!