ギガバッケンおめでとう!&今週のレース結果

f:id:s-bellto:20190915230238p:plain


f:id:s-bellto:20190405173305p:plain

金曜に「今週の出走馬」、日曜に「今週のレース結果」、勝利馬が出た時にはレース内容を文字に起こして、勝利の余韻に浸るお手伝いをします。

☆土曜・福島1R 障害未勝利(芝2770)ギガバッケン1着

初障害戦の前々走は10着、前走が6着と徐々に内容に良化をみせていたギガバッケン。今回のライバルを見渡すとまだまだ障害で結果が出ている馬は少なく、初障害馬も含めてすべての馬にチャンスがあるメンバー。伴騎手を背に、8番人気12.8倍でレースを迎えます。

好スタートを決めると、迷うことなく前へ。2番手からレースを進めます。前半は前を走る馬たちが一団で進んでいく中、徐々に脱落者がでてきて隊列は縦長に。ギガバッケンは大きな馬体を揺らしながら、鮮やかに飛越を重ねていきます。3コーナー手前から4コーナーにかけて、逃げ馬が完全にバテて下がっていくのと同時に、ギガバッケンも一気にスパート。後続2頭もそれについてきて、最後の直線勝負へと突入します。

残り200手前で最後の置き障害をクリア、着地すると同時にみるみる差は広がっていき、最後は3馬身半の差をつけてゴールイン。危なげない飛越と力強い走りを続けたギガバッケン、障害3戦目にして、見事な勝利を飾ってくれました!

前走も同じ未勝利戦で勝ち馬と大きな差をあけられていたところから、自らレースを決めにいっての完勝劇。この短期間で才能を開花させた陣営と伴騎手に大きな拍手を贈りたいです。先日のバルンストックに続いて、ノルマン障害界にニュースターが誕生。オープンの戦いも非常に楽しみです。出資者のみなさん、おめでとうございました!

 

同じく土曜、惜しかったのがオルダージュ。好スタートから2番手に構えると、小細工なしの真っ向勝負で脚を伸ばし続けましたが、最後は後方2頭に差し込まれて4着。レベルの高い3勝クラスでこの走りは立派の一言、次走こそ勝ち切ってほしいですね!

日曜に惜しかったのがホワイトターフ。雨が降り続き、どんどん馬場が重たくなっていった函館芝コースでしたが、最後方から大外一気。あわや差し切りまでありえる勢いで4着まで迫りました。この開催での函館芝レース、じっくり見てきましたが、このレースっぷりは正直規格外で半端ないです。1勝クラスを突破する実力があるのは誰の目にも明らか、次こそ決めてくれるでしょう!

そして、福島メインではチェアリングソング。こちらも後方からレースを進め、ぶん回しではなく、スルスルとロスのない形で大外持ち出し。上がり最速タイ33.9秒の豪脚で前を追い詰めましたが、惜しくも届かず3着。残念ではありますが、さすがは田辺騎手といった騎乗でした。待望のオープンクラス勝利、期待しています!

これで6週連続勝利達成のチームノルマンディー。なかなかここまで続くことはなく、夏のノルマンの勢いは本物、来週の楽しみです。