バイタルエリア・シュヴェルトライテおめでとう!&今週のレース結果

f:id:s-bellto:20190915230238p:plain


f:id:s-bellto:20190405173305p:plain

金曜に「今週の出走馬」、日曜に「今週のレース結果」、勝利馬が出た時にはレース内容を文字に起こして、勝利の余韻に浸るお手伝いをします。今週は土日連勝となりました!

☆土曜・東京2R 3歳未勝利(ダ1600)バイタルエリア1着

前走は中団から鋭い末脚を使って惜しい2着。デビュー2戦は二桁着順が続いていましたが、3戦目にして一気に勝ち負けがみえるところまで進んでくれました。内容の良化はファンも理解していて今回は3番人気5.1倍。鞍上にダートの名手・戸崎騎手を迎え、勝利を目指します。

芝→ダートとなる東京の1600戦、五分のスタートから、スムーズに二の脚を効かせ先行策。逃げ馬と外から掛かり気味に上がる1頭を前にやり、絶好の3番手からレースを進めます。4コーナー手前では各馬が早めに動き、直線を向く頃には前の争いが激しく、バイタルエリアは5番手で直線を向きます。

前を走る3頭が勝ち馬を決めようと懸命に競り合う中、その直後で徐々に外へと持ち出し、前3頭の外側にしっかりと進路を確保する戸崎騎手。残り400、残り300、ポジションはそのままでしたが、残り200を切って一気に加速。余力を残した先行勢を捕らえきり、外から迫る馬も振り切り、余裕すら感じる手応えで1着。待望の初勝利となりました!

先行勢にはミルコ騎手、ウチパク騎手など実力派騎手がいましたが、長い直線を活かした駆け引きで戸崎騎手が上回り、フリオーソ産駒らしい力強い競馬をみせてくれました。好騎乗に拍手です!

思い返せばデビュー前、体勢が整っているにも関わらず入厩が叶わず、クラブは加藤士津八厩舎への転厩を決断。最初のコメントで『このようなお話をいただき、ありがとうございます。』と快く迎え入れてくれた先生。3戦目、4戦目で一気に変わり身をみせたのは士津八先生の手腕によるもので、転厩が最高の結果に繋がり、本当によかったです。出資者のみなさん、おめでとうございました!

 

☆日曜・東京8R 1勝クラス(芝1600)シュヴェルトライテ1着

前走は2頭のマッチレースとなった直線、残り100で相手を力強く振り切っての快勝。ライバル陣営からは「相手が悪かった」という声もでていたようです。勢いそのままに今回の昇級初戦、11頭だてながら7頭が10倍を切るオッズの大混戦でしたが、2番人気4.3倍と高い評価を受けます。鞍上にはノルマンの若手エース・永野たけぞー騎手を迎え、勝利を狙います。

まずまずのスタートから、無理はさせずに中団外目からのレースを選択。ゆったりとした流れで掛かり気味のライバルもいる中、じっと我慢したまま、5番手のまま直線へと向きます。

さぁここから大外を突いて末脚を伸ばして・・・、というところでしたが、外へ外へと進路が流れてしまい、たけぞー騎手は後方を確認する状態。その直後には前を走る馬に押し出されるように再度外へ。なかなか進路が定まらず、苦労の様子がうかがえましたが残り400を切り、たけぞー騎手が右ムチ2発で気合をつけると、シュヴェルトライテの闘志に火が灯ります。大外からグイグイと脚を伸ばすと、一気にライバルをかわし切り、最後は逃げ切りを図るセレクト2.2億円超えのディープ産駒を捕らえきって1着!

岡田スタッドのエース・シュヴァリエの仔にして、ノルマンの核心・マツリダゴッホの産駒。その馬で東京マイル、超良血馬相手に快勝とは、ノルマン冥利につきる素晴らしい勝利となりました。Twitterでも出資者さんが非常に多く、レース後はお祭り騒ぎ。非出資のこちらまで嬉しかったです。ノンストップの連勝で1勝クラスを突破、この調子でもうひとつ勝ちを積み上げることができれば、秋には最後の一冠へ挑戦・・・なんて夢もみえてきそうです。この先が非常に楽しみです!

土曜に惜しかったのがパウオレ。前走の圧巻の勝ちっぷりから、圧倒的1番人気を背負ってのレース。2番手から懸命に前を追いつめましたが、わずかに届かず3着。悔しい一戦となりましたが、力のあるのは疑う余地もなく、次は少し気楽な立場から勝利を掴んでくれるはずです。

夏はノルマンの季節、この調子で来週も複数勝利と行きたいですね!