ルヴェルジェ・マリアズハートおめでとう!&今週のレース結果

f:id:s-bellto:20190915230238p:plain


f:id:s-bellto:20190405173305p:plain

金曜に「今週の出走馬」、日曜に「今週のレース結果」、勝利馬が出た時にはレース内容を文字に起こして、勝利の余韻に浸るお手伝いをします。

☆土曜・新潟3R 3歳未勝利(ダ1200)ルヴェルジェ1着

前走デビュー戦は既走馬相手に2番手からレースを進め、最後まで前に食らいついたものの7着。初出走で上々の内容をみせて、一旦外厩のチャンピオンヒルズへ。帰厩後は力強く変貌して迎える第2戦。鞍上には藤田菜七子騎手、4番人気10.2倍でレースを迎えます。

まずまずのスタートを切り、前走同様に前へつけるかと思いきや、激しくやり合うライバルをみてなのか、菜七子騎手は先行集団の直後に構えます。折り合いよく、軽快に外を回しながら、抜群の手応えで直線へと向きます。

菜七子騎手が手綱で促すだけでグングンと加速するルヴェルジェ。残り200を切り、先行集団の脚色が鈍る中、右ムチをふるうと一頭だけ異次元の末脚をみせ、一気に前を飲み込み、最後は1馬身半。力の違いをみせつける快勝劇で、2戦目にして未勝利戦突破を果たしました!

ペースをみて無理に前を取りにいかなかった位置取り、馬の力を信じて大外からの末脚勝負に持ち込んだ判断、ルヴェルジェの実力と菜七子騎手の好騎乗がうまく噛み合った素晴らしい勝利となりました。この内容なら昇級後も即通用となりそうで、期待が膨らみます。出資者のみなさん、おめでとうございました!

 

☆日曜・新潟11R 韋駄天S(直1000)マリアズハート1着

前走は久々のダート戦で12着とだったものの、3走前には中山芝1200で2着と実績は上位。何より5走前の初めての千直戦で今回と同じ、菊沢一樹騎手とともに圧巻の差し切り勝ちでコース適性も十分。待ちに待った千直オープンの一戦、関係者&出資者のみなさんの日頃の行いがよいからなのでしょう、最高の18番枠ゲットに成功。2番人気4.2倍でレースを迎えます。

五分のスタートを決めたものの、ライバル馬が外ラチ目掛けてどんどん飛ばしていくのを前に見ながら、3列目の外ラチ沿いでじっくりと脚を貯めます。そのままでは突き抜けるスペースが生まれないことは明らか。一樹騎手が徐々に外へと進路をとった、残り300あたり。前を走る外2頭、内1頭のライバルの間にわずかな隙間が。一瞬のチャンスを逃さない一樹騎手、狭いスペースでも怯むことなく、巨体をねじこんでいくマリアズハート。前がクリアになると、一気に抜け出して勝負あり!最後は3/4馬身差をつける快勝で、オープン2勝目を飾りました!昨年のアイビスSDの勝ち馬、このコースを得意とする実績馬もいた中で、54kgを背負っての快勝劇。夏のアイビスSDへ向け、頂点に最も近い馬に躍り出たといってもよいでしょう。ノルマン千直の女王の夏、目が離せそうにありません!

 

土曜に惜しかったのがワザモノ。中団からレースを進め、末脚鋭く大混戦の3着争いに加わるも、わずかハナ差の4着。やはり2勝クラスを勝ちあがる力を十分に持っていることがわかるレースぶりでありました。

見事な『3次募集ヤリ』2連発を炸裂させたチームノルマンディー!この勢いでダービーウィークを迎えましょう!