ノルマン2020年産2次募集【6:父産駒の芝ダ牡牝別成績】

f:id:s-bellto:20210922012820p:plain

今回は父産駒の芝ダ牡牝別成績。

2017年から2022年5月2日時点での6年合計成績です。

実績面で群を抜いているのがメルジェリーナ20の父ドゥラメンテ。牡馬の方が成績がよく、GⅠ馬タイトルホルダーを輩出していよいよ良血開花の気配。芝のみならず、ダートでもしっかりと結果が出ている点もよいですね。

唯一の牝馬・タマヒカル20の父ジャスタウェイも負けていません。牝馬はアウィルアウェイ、エーポスといった芝のオープン馬がいる一方で、今年1月のTCK女王盃でショウナンナデシコを降して1着となったテオレーマもおり、どちらでもいけそうな印象。タマヒカル産駒も芝ダートどちらのタイプもいるだけに、合いそうな感じですね。

今回は以上です。次回は当ブログおなじみ、同父&同母父の3/4兄姉馬の成績をまとめます。