シュヴェルトライテおめでとう!&今週のレース結果

f:id:s-bellto:20190915230238p:plain


f:id:s-bellto:20190405173305p:plain

金曜に「今週の出走馬」、日曜に「今週のレース結果」、勝利馬が出た時にはレース内容を文字に起こして、勝利の余韻に浸るお手伝いをします。

☆土曜・東京5R 3歳未勝利(芝1600)シュヴェルトライテ1着

デビューから安定した走りを続けてきたシュヴェルトライテ。前走では直後にアネモネを制するクロスマジェスティ相手に熾烈な叩き合いを演じてクビ差2着。今回は関東リーディング爆走中の横山武史騎手を迎え、必勝体勢。1番人気2.5倍、同オッズ2.5倍のルメール騎手騎乗のマニカルニカと一騎打ちムードでレースを迎えます。

好スタートを決め、一旦は先頭にたつものの、内2頭を先にやる形で絶好の3番手を確保。直後に「相手はシュヴェルトライテ」と決め打ちしている気配がヒシヒシ伝わるルメール騎手が控える展開でレースは進みます。

4コーナーを回り、3番手のまま直線へ。抜群の手応えで、徐々に前2頭を追い詰めて、残り400でついに先頭へ。しかし、満を持して外側から並びかけてきたのはマニカルニカ。「よっしゃ、完璧!これはもらった!」とルメール騎手は思ったことでしょう。1番人気2頭が馬体を併せての叩き合い、が、ここからが圧巻。残り100、武史騎手の右ムチに応えて、シュヴェルトライテはもうひと伸び。ライバルは応戦することができず、そのままクビ差をつけて1着でゴール!待望の初勝利の瞬間となりました。

100点満点の騎乗で勝ちにきた実力馬相手に、力でねじ伏せたシュヴェルトライテ。見ごたえのある素晴らしいレースでした。ノルマンが誇る名牝・シュヴァリエ。兄ゴールドパラディン3勝、姉プリュムドール3勝に続いて、3世代連続の勝ち上がり。今回の強い競馬をみれば、兄姉に続く明るい未来が待っていそうですね。出資者のみなさん、おめでとうございました!

その他、土曜に頑張ったのがラブリアージェ。好スタートから積極的に前へ出していき2番手。最後まで懸命に粘りこんで5着。パトロールビデオをみると、直線では前を走る勝ち馬が何度も内にささり、ラブリアージェの前に出そうなところを懸命に矯正していました。直線スムーズならさらに上の着順もあったかもしれません。

大激走をみせてくれたのが日曜のグロリアスヒーロー。3コーナーを過ぎ、中団外目からじわじわポジションを上げ続け、直線でもバテることなく走りきっての2着。名前に違わぬ急成長ぶり、次走で初勝利を掴んでほしいですね!

1週前追いきりで好時計を出していたヴィクトリオーソ。好スタートから離して逃げる前2頭をみながら3番手。直線で先頭に立ち「これはやったか!」という展開でしたが、後方からの追い上げにあっての5着。15番人気の評価を覆す、見事な走りをみせてくれました!

これで4週連続勝利、今後のノルマンディーを背負うであろう実力馬がどんどんでてきている印象です。来週もどんどん勝利を積み重ねていきましょう!