ディナースタおめでとう!&今週のレース結果

f:id:s-bellto:20190915230238p:plain


f:id:s-bellto:20190405173305p:plain

金曜に「今週の出走馬」、日曜に「今週のレース結果」、勝利馬が出た時にはレース内容を文字に起こして、勝利の余韻に浸るお手伝いをします。

☆日曜・阪神4R 3歳未勝利(芝2200)ディナースタ1着

デビューから4戦連続で勝ち馬から1秒差以内のレースを続け、前走は後方から直線一気で0.4秒差4着。あと一押しの状況で迎えた今回、2200に距離を伸ばし、鞍上には今年25勝と好調の横山和生騎手。ここで決めたいという勝負気配が漂う中、3番人気5.3倍でレースを迎えます。

まずまずのスタートから各馬が様子見状態の中、ディナースタも控えて後方にポジションをとります。序盤こそまずまずのペースだったものの、4ハロン目は13.0秒、その後も12.8-13.0と続く中、この流れにいち早く対処したのが和生騎手。3コーナー手前から一気に捲りにかかり、逃げ馬の直後、2番手までポジションを上げます。一気にはかわさず、4コーナーでは2番手キープ。コーナー出口で一気に逃げ馬の外に並びかけます。

逃げ馬との脚色の差は歴然で、並ぶ間もなく先頭へ。あとは後続との追い比べかと思いきや、加速を続けるディナースタに太刀打ちできる馬はおらず、差は広がるばかり。最後は2馬身半差、1着でゴールイン。ド派手な内容で待望の未勝利突破を果たしました!

ディナースタの上がり3Fは最速タイの34.7。これではライバル馬たちはお手上げだったことでしょう。ペースを見極め、勇気をもって仕掛けた和生騎手、お見事でした。そして、兄ジャックドールが春の上がり馬として堂々とGⅠ戦線に挑んでいますが、弟ディナースタも一気に素質開花。昇級後も勝ち負け・・・どころか、さらなる高みを狙える逸材がノルマンに誕生したといって過言ではないでしょう。出資者のみなさん、おめでとうございました!

その他、掲示板圏内にがんばったのが日曜のアイルビーザワン。中団から長くいい脚を使い続けて5着死守。近走の2桁着順が続いていましたが、このクラスでも十分に戦えることを改めて見せてくれました。

これで3週連続勝利、3歳勢の勝ち上がりも徐々に増えてきました。来週も勝利をみたいですね!

f:id:s-bellto:20220417230738p:plain

f:id:s-bellto:20220417230932p:plain