ノルマンディー今週のレース結果【Allez ! La Normandie !】

f:id:s-bellto:20190902003002p:plain

 毎週金曜に「今週の出走馬」、日曜に「今週のレース結果」、勝利馬が出た時にはレース内容を文字に起こして、勝利の余韻に浸るお手伝いをします。

【今週の勝利馬】なし

土曜を振り返ると、まずはルヴェルジェ。4コーナーを回り先頭が窺えるかというポジションまで上がりましたが、最後は差し込まれての7着。とはいえ、唯一の未出走馬でしたし、先着された馬のうち4頭が3kg減の減量ジョッキーで恩恵が出た感じもあります。次走の上昇は必至でしょう。

続いてアメトリーチェ。2番人気の支持を集め、私が見ていたBSの解説者も一押し馬にあげていたほど。直線を向いて、手応えはよさそうで一気に逃げ馬をかわせる勢いかと思いましたが、最後は後方から差し込まれて7着。初勝利の内容やその後の調教からもこのクラスを突破できる力があるのは明白。次走の巻き返しに期待です。

中央復帰初戦となったのはスイートフェンネル。スタートから流れに乗って中団前めでレースを進めていましたが、後半は失速。結果は16着となりました。「リズムよく走っていたのになぜ??」と思ってパトロールビデオを確認したところ、残り400のハロン棒あたりで、内を走っていた8番に馬体をぶつけられ、そこからリズムが悪くなって失速しているように見受けられました。先生のコメントから距離が長かった可能性もありますが、まだまだ中央復帰初戦。上昇あるのみです。

GⅢオーシャンSに挑んだマリアズハート。五分のスタートから前へと出していきますが、他馬もガンガン前のポジションを獲ろうと殺到し、中団の最内からの競馬となります。4コーナーでも内でじっと我慢し、馬群がばらけるのを狙ったものの、スペースはあかず、最後は最内に突っ込んで末脚を伸ばしたものの7着まで。明らかに最内が災いしましたし、運にも見放された印象でもあります。それでも、重賞7着は立派ですし、さらなる高みを狙える馬。この先も期待しかありません。

日曜唯一の出走はデビュー戦のココシルフィード。課題とされていた発馬で後手を踏んでしまい後方からの競馬。ですが、徐々にポジションを上げ、直線では大外からしっかりと脚を伸ばしての7着。レース前、初戦は「まだそこまでの段階にない」と先を見据えての考えを明言され、レース後は「内容は良かった。短距離に絞って使っていく」と方針もしっかりとかたまっている奥村先生。この言葉を信じ、勝利の日を待ちたいですね。

f:id:s-bellto:20220306202249p:plain

f:id:s-bellto:20220306202329p:plain