ガーディアンベル&レゴリスおめでとう!&今週のレース結果

f:id:s-bellto:20190915230238p:plain


f:id:s-bellto:20190405173305p:plain

金曜に「今週の出走馬」、日曜に「今週のレース結果」、勝利馬が出た時にはレース内容を文字に起こして、勝利の余韻に浸るお手伝いをします。今週は見事に2勝達成です!

☆日曜・小倉9R 伊万里特別(ダ1800)ガーディアンベル1着

ダートを走った近3走は着差こそあいたもの8着以内を確保。脚元の状態を慎重に見極め、良化してきての通算5戦目。7番人気18.2倍、津村騎手とともに勝利を目指します。

トップスタートを決めると迷うことなく前へ。逃げ馬から少し間をあけての2番手、絶好のポジションを確保します。4コーナーの出口を待たずして逃げ馬を捕らえて先頭へ。そのまま4コーナーを回ります。

勢いを保ち直線でもバテることはなく、残り200。追手は来ずセーフティーリード。最後は1頭が迫ってきたものの、余裕たっぷり、1馬身1/4差をあけてのゴールイン!待望の初勝利となりました!

『ガーディアンベル自身に芯が入ってきている』とのレース後コメントでしたが、コンディションさえ整えばこのくらいはやれて当然、と陣営は確信があったのでしょうね。2番手から早めに逃げ馬を潰し、勝負を決めた津村騎手の手綱さばきもお見事でした!出資者のみなさん、おめでとうございました!

 

☆日曜・中山8R 1勝クラス(ダ1200)レゴリス1

園田3連勝で中央復帰を果たしたのが2020年5月。その後、怪我無く元気に走り続けての16戦目。3ヶ月弱の休み明けながら仕上がりは良好。何より鞍上に川田騎手を確保し、勝負気配がプンプンと漂います。馬券ファンも当然察していて、2番人気3.2倍でレースを迎えます。

好スタートを決めるも無理に出していくことはなく、外目から流れに乗せていく川田騎手。序盤は中団のポジションでしたが、3コーナーを回るところでカメラがよると、スッとポジションを上げて大外4番手。そのまま手応え抜群で4コーナーを回ります。

直線に入り、3頭横並びの叩き合いか・・・と思ったところで内を走るピンク帽が外へ出てきて、レゴリスと接触、わずかに外へと押し出されてしまいますが、闘争心がそがれることはありません。残り100でもまだ横並びでしたが、いっぱいいっぱいの内2頭を見ながら、レゴリスは最後のスパート。川田騎手の想定どおりにもうひと伸びで2頭を振り切って、最後は3/4馬身差。人気馬どおしの競り合いを制して、待ちにまった中央初勝利達成となりました!

芝ダート距離問わずに好走が続いて「次こそは!」「次こそは!」と私も振り返り記事で書いていましたが、ダート短距離に適性を見出して、最高の結果を引き出した陣営に拍手。そして一発回答の川田騎手、さすがのトップジョッキー、頼りになります!

余談ですが、レゴリスのノルマン2016年産世代は私しらべるとのノルマン初出資した年。出資馬検討の中、ド迫力の馬体で歩く「ソラコマチ16」の姿に『この馬、絶対走るでしょ!』と思ったのが懐かしいです。予算オーバーで出資は叶いませんでしたが、待ちにまった中央初勝利、親愛なる「あの人」の命名馬中央初勝利、私もとっても嬉しいです!出資者のみなさま、本当におめでとうございました!

 

その他にも頑張ったのが土曜小倉10Rのアースライザー。中団内目でじっくりと構えつつ、途中で鞭を入れて闘志を切らさないようにする丹内騎手。最内を回り、直線でも包まれることなく抜け出しての4着。馬券圏内まであと一歩でしたが、13番人気を覆す立派な走りをみせてくれました。

日曜阪神9Rでは惜しいというより悔しい3着がプリュムドール。ゆったりしたペースから差し脚比べとなりましたが、前に2頭、外に1頭がプリュムドールの行く手を阻みスペースはなし。ばらけてからは懸命に追い上げましたが3着まで。進路さえあれば突き抜けても不思議ない手応えだっただけに、惜しい、悔しいレースでもありました。が、初挑戦の長距離戦で十分に戦えることは示しましたし、次走こそ3勝クラス突破を果たしてくれるはずです!

日曜小倉11Rではオルダージュが4着。好スタートから躊躇なく押していっての逃げの一手。最後は追い上げにあったものの、菜七子騎手の強気な騎乗で3勝クラス初の掲示板確保となりました。特に芝1200での好走で、今後のレース選択の幅も広がり、この先まだまだ良い走りをみせてくれそうですね!

2月最終週でしたが人気馬の好走あり、人気薄馬の大激走あり、ノルマンディーらしい週末となりました。元気で走ることができれば、みんなにチャンスあり!3月もたくさんの勝利を見たいですね!

f:id:s-bellto:20220227201641p:plain

f:id:s-bellto:20220227201820p:plain