エルズリー・パフィリアおめでとう!&今週のレース結果

f:id:s-bellto:20190915230238p:plain


f:id:s-bellto:20190405173305p:plain

 金曜に「今週の出走馬」、日曜に「今週のレース結果」、勝利馬が出た時にはレース内容を文字に起こして、勝利の余韻に浸るお手伝いをします。今週は見事に2勝達成、素晴らしい週末となりました!

☆日曜・小倉3R 1勝クラス(ダ1000)エルズリー1

前走は4番手から脚を伸ばし1勝クラス8度目の馬券圏内の3着。実力があることは馬券ファンも承知で1番人気3.4倍、継続騎乗となる藤岡康太騎手とともに勝利を目指します。

五分のスタートからぐいぐい前へと出していき2番手を確保。1000m戦だけに各馬淀みないペースで走り、そのまま4コーナーを回っていきます。エルズリーは抑えきれない抜群の手応えで逃げ馬を追走、直線を向いたところで真横に並びかけます。

わずかに前へ出ると、右後方を確認する藤岡騎手。後ろからは追ってくる気配はなく、逃げ馬とのマッチレース。とはいえ、脚色は明らかにこちらが優勢。半馬身のリードをキープしたままゴールイン!待望の1勝クラス突破を果たしました!

気性面に苦労することが多かったエルズリーに対し、2番手からまったく無駄のない完璧な競馬で勝利へ導いてくれた藤岡騎手、お見事でありました。出資者のみなさん、おめでとうございました!

☆日曜・小倉7R 3歳未勝利(芝1800)パフィリア1

前走のデビュー戦では五分のスタートながら頭を上げてダッシュが付かず。直線では外の馬がパフィリアの進路をふさぐ不利、それでも4着確保。スムーズならば間違いなく勝ち負けの力を示してくれました。3ヶ月ぶりとなる今回でしたが仕上がりは良好、鞍上に藤岡祐介騎手を迎え、3番人気9.2倍でレースを迎えます。

ゲート入りし、スタートを待つパフィリア。少し落ち着かない様子・・と思ったところでゲートオープン。タイミングが合わず、大きく出遅れ、最後方からの競馬となります。周りに他馬がおらず、どこでも進路が取れる状態でしたが、藤岡騎手は荒れ気味の内を避けて数頭分外側を回して追走します。残り1000の地点ではまだポツン最後方でしたが、そこから100m進んだ3コーナー手前で一気に勝負に出るパフィリア、大外から一気に捲りをかけ、残り600の時点で3番手集団の一番外まで進出、その後は馬群とペースを揃え、逃げ馬含めた6頭が横並びの状態で直線を向きます。

長く脚を使った反動がでてくるか・・・という場面でしたが、パフィリアの脚色は全く鈍ることなく、残り300で一気に先頭へ。ライバル達が1頭ずつ脚を失う中、最後まで伸び続けて最後は1と3/4馬身差をつけてゴールイン。力の違いを見せつけての完勝となりました!

ここ数年に渡り、ノルマン馬勝利を振り返る記事をアップしてきましたが、ここまでド派手な勝利は記憶にありません(笑)出遅れた後、プランを修正して外、外のいい馬場を進ませての大捲り、藤岡騎手の好判断が光りました。スムーズな競馬ができればどれだけ強いのか、想像ができません。ノルマン3歳勢に新たなスター誕生と言ってよいのではないでしょうか。出資者のみなさん、おめでとうございました!

 

その他にも頑張ったのが土曜小倉9Rのホワイトターフ。激しく雪が降りしきる氷上競馬ならぬ雪中競馬。道中の様子がほぼ見えない状態でしたが、直線を向いて、各馬が横に大きく広がる中、後方から一気の瞬発力でごぼう抜き、3着まで食い込みました。とはいえ、この馬のポテンシャルからしてもっともっと上を目指して然るべき馬。次は勝ち切るところを見せてくれるはずです!

デビュー戦で健闘をみせたのがコーラスライン。さすがは東京芝1600戦だけあって良血の強敵揃い、7番人気の評価でしたが、好スタートから前にとりつき、直線でも最後まで脚を伸ばしての4着。レース前の好コメント連発は本物だったことが証明されました。

日曜東京の新馬戦ではカルヴァドスは東京の長い直線でずっと脚を伸ばし、徐々にポジションを上げての5着確保。レース前のコメントからもまだまだ上積みがありそうですし、次走はさらに楽しみですね。青森産馬のがんばり、なんだか嬉しくなります。

そして小倉ではアースライザー。中団から徐々に進出して、直線鋭く伸びてる5着。11月以来のレースで掲示板確保、力をあるところを見せてくれました。叩いて更に上昇、次走で2勝クラス突破を果たしてほしいですね!

ということで、本日は藤岡兄弟の好騎乗で今年初の2勝。この勢いで来週も連続勝利といきましょう!

f:id:s-bellto:20220206210229p:plain

f:id:s-bellto:20220206231054p:plain