ノルマン2020年産2次募集【6:父産駒の芝ダ牡牝別成績】

f:id:s-bellto:20210922012820p:plain

今回は父産駒の芝ダ牡牝別成績。

2017年から2021年9月22日時点での5年合計成績です。

f:id:s-bellto:20211218085615p:plain

f:id:s-bellto:20211218085633p:plain

f:id:s-bellto:20211218085718p:plain

f:id:s-bellto:20211218085731p:plain

ギブミーアチャンス20の父カレンブラックヒルは牡はダート、牝は芝がはっきり。ダイワメジャーの孫ですのでもっと芝でもやれないことはないはずですが、現時点の実績からは代表産駒オヌシナニモノのような中距離ダートが主戦場となる可能性が高そうです。

ナンヨーユナ20の父エピファネイアは言わずもがなのデアリングタクトを輩出。それが勝ち星を押しあがているとはいえ、全体をみても牡に負けない成績を収めており、推し材料となりそう。一方で牝馬のダート成績はいまのところ苦戦となっています。

マルーンドロップ20の父ゴールドシップも芝の成績では牡牝まったく変わらないどころか、上回る勢い。オークス馬ユーバーレーベンを輩出しているのも期待が高まりますね。ただ、現時点では牝馬はダート未勝利となっており、こちらも芝で勝負となりそうです。

今回は以上です。次回は当ブログおなじみ、同父&同母父の3/4兄姉馬の成績をまとめ、明日12/19アップ予定です。