ノルマン20年産2次募集【4:所属厩舎近3年成績】

f:id:s-bellto:20210922012820p:plain

今回は所属厩舎近3年成績です。

データは2021年、2020年、2019年と遡っていきます。なお、地方預託厩舎はデータ収集が困難のため、割愛しております。

f:id:s-bellto:20211213225250p:plain

f:id:s-bellto:20211213225306p:plain

f:id:s-bellto:20211213225324p:plain

f:id:s-bellto:20211213225336p:plain

例年、2次募集といえばリーディング中位~下位のノルマン御用達厩舎が多いイメージでしたが、今回は選び甲斐があるラインナップとなっている印象です。

目立つところではロイヤルクリッパー20の高柳大輔厩舎。チャンピオンズCのテーオーケインズでGⅠ制覇を果たし、武蔵野S勝ちのソリストサンダーもいる開業4年目の勢いある厩舎。ここにフリオーソ産駒を預託するのは非常に期待できそうです。

先週末パンテレリア&デクラークが見事に2勝をもたらしてくれた、クロエチャン20の林徹厩舎。Twitterでも「優秀なのが完全にバレてしまった・・」と嘆きの声が聞こえる程でした(笑)こちらも開業4年目で今年はソングラインで富士S制覇。短距離が主戦場となるであろうドレフォン産駒を預けるのにピッタリといえそうです。

ヘレナモルフォ20の宮田啓介厩舎も開業2年目と思えない好成績。ブレイク寸前の厩舎にかけるのも一興ですね。

今回は以上です。次回は各厩舎のノルマン所属馬をまとめていきます。明後日木曜のアップ予定です。