ノルマンディー2020年産2次募集検討【2:父産駒の近3世代クラス別成績】

f:id:s-bellto:20210922012820p:plain

今回は父産駒の近3世代クラス別成績です。

出走数、勝ち上がり頭数、上級クラスでの成績などを見て、直近の勢いや期待度を探ってみたいと思います。牡牝セン馬、芝ダート障害すべての中央成績です。

f:id:s-bellto:20211211221416p:plain

f:id:s-bellto:20211211221438p:plain

f:id:s-bellto:20211211221507p:plain

f:id:s-bellto:20211211221528p:plain

目立つのがナンヨーユナ20の父エピファネイア。初年度から3冠牝馬、2世代目から皐月&天皇賞のダブル達成と大物輩出が続いていますが、全体的な成績をみてもさすがの成績です。

勢いを感じるのがクロエチャン20の父ドレフォン。今年が初年度産駒のデビューですが、新馬勝ち9頭、未勝利勝ち14頭と驚異の勝ち上がりをみせています。ここから上級クラスにも勝利が増えてきそうですね。

頭数は少ないながら、さすがの良血はヘラナモルフェ20の父リオンディーズ。2021年を見ると勝ち上がりのよらもさることながら、1勝クラス16勝、2勝クラス6勝と2勝目・3勝目を積み上げくれる馬が多いことがわかります。

地方100口馬でノルマン久々の募集となるマジェスティックブライト20のパイロは安心感のある成績。息の長い活躍を期待したくなりますね。

今回は以上です。次回は兄姉馬の成績をお届け予定です。