ノルマン20年産2次募集【1:募集馬一覧とセール価格】

f:id:s-bellto:20210922012820p:plain

本日2022年12月9日、ノルマンディー2020年産2次募集馬の発表がありました。当ブログのメイン記事のひとつが募集馬検討ですが、私しらべるとには知識や相馬眼は一切ございません。収集可能なデータを基にして、各馬の比較検討ができる材料をお届けすることを目指しています。一口馬主バブルに湧いている2021年、皆さんとともに愛馬選びを楽しんでいければと思います。今後の進め方ですが、ワンテーマを一つの記事とし、更新日や時間は不定期。データがまとまりしだい順次アップしていきます。

それでは、募集馬一覧です。45番ゴールデンマッシモ20と46番マジェスティックブライト20は地方所属予定の100口募集、その他は400口募集です。母年齢、父年齢は出生時における年齢です。

f:id:s-bellto:20211209233152p:plain

f:id:s-bellto:20211209233331p:plain

1次募集とは打って変わって、ノルマンらしい『通好み』の血統がずらりと揃いました。Twitterでも歓迎の声が多く上がっている印象です。

岡田スタッド8頭、その他8頭とちょうど半分づつ。セール馬ではロイヤルクリッパー20の1144万円が最高額で、あとは1000万円以下。手を出しやすい価格帯となっています。

気になるところでは母年齢の高い馬が多く、10歳以上での出産馬が12頭。この点が比較的安めで落札できていたり、岡田スタッド産でもセールに出さずノルマンへラインナップされた要因のひとつと考えることもできそうです。

以上、本日は短めですがここまでです。次回は父馬関連についてまとめてみたいと思います。明後日12/11にお届け予定です。