アメトリーチェ&マリアズハートおめでとう!&今週のレース結果

f:id:s-bellto:20190915230238p:plain


f:id:s-bellto:20190405173305p:plain

 金曜に「今週の出走馬」、日曜に「今週のレース結果」、勝利馬が出た時にはレース内容を文字に起こして、勝利の余韻に浸るお手伝いをします。

きたきたキタ━━━(゚∀゚).━━━!!! 久々の2勝でノルマン祭り、通常募集ヤリ炸裂となりました。それではまいりましょう!

☆土曜・新潟3R 2歳未勝利(ダ1200)アメトリーチェ1

前走デビュー戦では追い切り好時計などが評価され堂々の一番人気。レースでは激しいハナ争いを制して勝ちにいく競馬も最後の最後で後続に捕まり7着。とはいえ、先行力をみせての1.2秒差。そして迎える2戦目の今回。実力は馬券ファンもわかっていてダート替わり&距離短縮にも関わらず5.8倍の2番人気。継続騎乗の菅原明良騎手とともに勝利を目指します。

好スタートを決めると、長く芝を走れるメリットを活かしてハナを奪いにいきますが、内から2頭も同様に前へと出す展開となり、無理せず3番手のポジションとします。初ダートも気にせずリズムよく走るアメトリーチェ。3番手キープのまま、4コーナーを回ります。

脚を失い下がり加減の前2頭の外を通り、先頭へ立つものの、直後4番手でアメトリーチェ1頭を相手と見ていたであろう14番ローズスピニングが外から馬体を併せにかかります。残り200を過ぎても2頭の火のでるようなマッチレース。少しアメトリーチェが前へ出たかと思いきや、再度並びかけるライバル。そのままゴールを迎え、『内か外か、どっちだ~!!』という感じでしたが、電光掲示板の一番上にアメトリーチェの『12』が灯り、見事に初勝利を飾りました。

JRA公式の決勝写真を見ましたが、本当に際どい争い。一般的に2cm差のレースでもスリット写真をみれば大抵は差が見いだせるのですが、今回は・・・。本当に数mm差だったのでしょう。2着馬と3kg減の斤量差がある中で、絶対に前にはやらないド根性をみせたアメトリーチェ。これは楽しみな馬がノルマンに誕生したといってよいでしょうね。出資者のみなさん、おめでとうございました!

 

☆日曜・新潟12R ルミエールオータムダッシュ(直1000)マリアズハート1

新潟のメインに挑んだのがマリアズハート。リステッド競走2着2回の誇れる実績がある一方で近走は後方からの競馬で9着、10着、8着の成績。今回は新味を求めて初の千直戦となります。が、ライバルには千直巧者が揃い、その中には一時の勢いはないとはいえ王者・ライオンボスの名前まで。混戦模様の18頭だてですが、絶好の16番枠をゲット。ハンデは53kg。馬体重は大幅増の516kg。未知の要素が盛りだくさんの中、菊沢一樹騎手とともに勝利を目指します。

ゲート入りをしたマリアズハートを見ると、クビを外へ向けてよそ見している様子。で、ゲートオープン。反応はしたものの一完歩目、二完歩目が右左へ流れてスタートダッシュとはなりません。が、逃げた17番の後ろに入り、中団外ラチ沿いのポジションを確保します。

中盤戦、各馬がピッチを上げる中でじっくり構える一樹騎手、少しづつポジションが下がってきます。手応えは抜群、さぁここから前があくかどうかですが、前がほどよくばらけて外ラチ沿いに大きなスペースが生まれ、絶好の展開に。先に抜け出した2頭の脚色に陰りが見え始める中、力強くグイグイ伸びるマリアズハート。差し脚比べとなれば地力の違いがものを言い、一気に抜け出して、ゴール板手前では菊沢一樹騎手が観客席に向けての渾身のガッツポーズまで飛び出す、会心の勝利となりました!

思い切って千直戦へのチャレンジを決断した菊沢先生、そして確実に伸びる特徴をうまく引き出してくれた一樹騎手。先週のヴィクトリオーソに続いての好騎乗、ノルマンからの信頼度爆上がりですね。この内容なら今後も千直戦狙いのローテもありでしょうし、来年の夏には大きなところが見えてくるかも。夢が広がる見事な勝利、出資者のみなさん、おめでとうございました!

 

他にも今週は好走馬がたくさん、土曜は2歳勢が頑張りました。まずはネイリッカ。3番手から最後は叩き合いに持ち込んで、あと一歩の3着。控える競馬にも対応していよいよ次こそ勝利が見えきそうです。

続いてリオンラファール。後方からの競馬となりますが、大外から長くいい脚を使って3着。調教好時計の力は本物、次走はどの条件で使ってくるのか、注目です。

デビュー戦となったバルミュゼット。スタートは五分に出てるものの大外がこたえて、なかなか内へ入れず。それでも最後は懸命に脚を伸ばして3着。初戦から馬券圏内に食い込む力をみせて、次は勝ち負け必至。やってくれそうな予感です!

日曜の1勝クラス戦にアウスヴァール。好スタートから迷いなくハナを主張し、2番手を離した一人旅に。馬場の悪い内を避けながら、直線を向いても先頭をひた走り、これはやったか!というところですが、残り100を切って後続の追撃にあい、惜しくも4着。自らペースを作り、絶好とはいえない馬場で2.00.6のタイム。この先、間違いなくチャンスがくると確信できる素晴らしい走りでした。

ということで、久々の2勝&馬券圏内4頭と大健闘のノルマン軍団。この先も楽しみな馬が目白押し、この調子で秋から冬を我らが席巻しましょう!

f:id:s-bellto:20211031222714p:plain

f:id:s-bellto:20211031222759p:plain