ノルマンディー2020年産1次募集検討【6ー1:父産駒の芝ダ牡牝別成績】

f:id:s-bellto:20210922012820p:plain

今回は父産駒の芝ダ牡牝別成績。

2017年から2021年9月22日時点での5年合計成績です。

f:id:s-bellto:20210926212309p:plain

f:id:s-bellto:20210926212324p:plain

f:id:s-bellto:20210926212340p:plain

f:id:s-bellto:20210926212401p:plain

イメージどおりの馬もいれば、少し意外な馬もいたり、なかなか面白いデータかと思います。面白いところではプリンセスフローラ20の父モーリス。芝での活躍が目立っていますが、出走数あたりの勝利数をみるとダートでも十分にやれそうな感じがします。

ラフェクレール20の父ルーラーシップも同様に芝のイメージですが、ダートでもしっかり結果が出ていて、さすがキンカメ直系という感じです。

また、フルマークス20の父カレンブラックヒルは牡はダート、牝は芝とはっきり傾向が見えてきます。ただ3勝クラス以上の勝ち馬はおらず、最高成績がオヌシナニモノのダートOP2着。本馬が代表産駒となることも夢ではないかもしれません。ちなみに、我が愛馬アステルカーラはダート新馬戦勝利の唯一の牝馬だと今知りました(笑)

今回は以上です。牝馬&100口編は明日の夜お届け予定です。

 

【これまでの2020年産1次募集検討記事まとめ】