ミニオンペール&ホワイトターフおめでとう!&今週のレース結果

f:id:s-bellto:20190915230238p:plain


f:id:s-bellto:20190405173305p:plain

 金曜に「今週の出走馬」、日曜に「今週のレース結果」、勝利馬が出た時にはレース内容を文字に起こして、勝利の余韻に浸るお手伝いをします。今週はノルマンディーらしい劇的勝利が2鞍です!

☆土曜・札幌10R 摩周湖特別(芝1200)ミニオンペール1

5月の新潟戦から休みなく6戦目。近3走は2着・3着・3着と得意の北海道で頑張り続けてきたミニオンペール。この実績で3番人気5.3倍は意外でしたが、今回も黛騎手とともに勝利を目指します。

スタートは五分、他馬が積極的に前へと出る中でミニオンペールは、内目の中団後ろめからレースを進めます。道中は馬群ひとかたまりで進むのを前に見ながら、3コーナーでは少しづつポジションを下げる展開。じっくり我慢してラストに賭けます。

4コーナー回り直線を向くところ。先頭から殿までギュッと詰まった大混戦中、各馬が横に広がり最後の叩き合い。ミニオンペールは大外へ持ち出すも馬群から離れずに距離ロスはほぼなし。残り200、まだ8番手ながら前との差は5馬身ほど。残り100、鋭い末脚で一完歩づつ差を縮めて、最後の最後、内の馬たちをまとめて捕らえきったところがゴール!ついに、2勝クラス勝利を果たしました!

ノルマン屈指の名コンビといってよいミニオンペール×黛まゆゆ騎手。お互いの信頼感があるからこそ道中はじっと我慢し、最後は測ったように差し切ることができました。コーナーの回り方と追い出しのタイミングお見事でした。『ずっと乗せてくれたオーナーに感謝』とまゆゆ騎手。こちらこそ感謝ですし、6月から続いた北海道競馬皆勤賞、夏のノルマンディーMVPはこのコンビでしょう。出資者のみなさん、おめでとうございました!

☆日曜・小倉6R 2歳新馬戦(芝1200)ホワイトターフ1

待望のデビュー戦はホワイトターフ。2週前には「まだ物足りない」とのコメントが出ていましたが、そこからグングン良化している様子がうかがえていました。当初予定していた1800m戦ではなく8頭だての1200m戦を選択。新谷先生のこの判断がどうでるのか。そして、鞍上はルーキー永島まなみ騎手、4kg減の恩恵とともに追い切りで掴んだ感触をどう活かしてくれるのか。3番人気6.6倍の評価を受けて、注目の一戦となりました。

スタートはまずまず。新馬戦らしくついていける馬といけない馬がバラバラ分かれる中でホワイトターフは力強く前へ進み、早々に先頭へと立ちます。内から1頭仕掛けながら前に出てきた為ここは無理せず2番手へ。前半3ハロン35.9秒とスローで進み、そのままの隊列で最後の直線へ。ほぼ持ったままで手応えは抜群、あっさりと先頭に立つホワイトターフ。残り200手前で満を持してまなみ騎手は左ムチ一発。他馬があまり伸びない中で、雄大に脚を延ばし、最後、外から一頭迫ろうとしますが、かわさえる雰囲気はなく半馬身差抑えてゴール。ノルマン2歳世代待望の一番星を新馬戦で獲得する快挙達成となりました!

「さすがのゴールドシップ産駒」といったところでしょうか。スタートからゴールまでとにかく走りが力強い!展開のアヤや4kg減が勝因でないことは歴然。この先はマイル、あるいはそれ以上の距離でも十分にやれると断言しておきます。そして1200戦を選んだ新谷先生。勝負師の勘、お見事でありました!が、この圧巻の内容ならどこに出ていても勝てたかな・・・という気もしますが(笑)

一口17000円で総額680万円募集、この1勝で出資額回収達成となりました。高額馬だけが走る訳ではないのが競馬の面白さ、これぞノルマンドリームです。次走として来週の小倉2歳Sに登録をしたとのこと。無理させることはないと思いますが、もし出走叶えば重賞でも十分に戦えるはず。ノルマン2歳勢に誕生したニュースター、期待が高まるばかりです。まずは怪我なく、次に向かってほしいですね!おめでとうございました!

他に惜しかったのが日曜のエルズリー。今回はしっかりゲートを出て、馬群をさばいてさばいて前を狙いましたが、惜しくも届かず2着。狙いどおりのレースをできたことは素晴らしいですね、次も楽しみです。

生き残りをかけた未勝利戦、そして新星誕生の新馬戦。夏競馬もラスト1週ですが、来週もノルマンディーの勝利に湧く週末としたいですね!

f:id:s-bellto:20210829191148p:plain

f:id:s-bellto:20210829191333p:plain