ノルマンディー2019年産3次募集検討【8:生まれ月の有利不利(芝ダ・牡牝)】

f:id:s-bellto:20201001231031p:plain

ノルマンディー2019年産3次募集検討の第8弾は生まれ月によって有利不利を、芝とダート、牡と牝の条件で確認をしていきます。

募集馬の前に、近5年のレースにおけるJRA全馬の生まれ月ごとの成績を年齢別にまとめました。左が牡・セン、右が牝の成績です。なお、こちらのデータは1次募集時に収集したものを使っておりまして、2020年の成績は10/6までとなっています。

f:id:s-bellto:20210620083922p:plain

f:id:s-bellto:20210620083939p:plain

「2歳、3歳の成績においては1月生が特に成績がよく、2月生も成績がよい」という傾向がみえます。そして多少の数値のブレはありながらも、年齢を重ねるごとに差が縮まっていくイメージです。

続いて、同じく生まれ月別の成績で、左が芝、右がダートの成績です。障害は含まれていません。

f:id:s-bellto:20210620085946p:plain

f:id:s-bellto:20210620090002p:plain

こちらも「2歳の芝レースにおける1月生、2月生の成績のよさは顕著」と同時に「ダートより芝の方が早生まれ有利の傾向が強まる」をおおまかな結論としたいと思います。

以上をふまえて、3次募集馬の生まれ月を確認します。

f:id:s-bellto:20210620090230p:plain

価格面から遅生まれが多くなりがちなノルマンディーですが、今回は2・3・4月生まれで、マイナス要素はありません。特に、2月生のキモンクイーン19、ハロックライン19は芝を主戦場としそうなだけにプラス要素。ワイントレイン19も2月生ですが、検疫等で入厩まで時間が掛かってしまうのは残念なところ。いずれもアドバンテージの大きい、2歳戦デビューを実現してほしいところです。

今回は以上です。次回は厩舎についてお届けします。