ノルマンディー2019年産3次募集検討【7:募集馬の3/4同血馬】

f:id:s-bellto:20201001231031p:plain

ノルマンディー2019年産3次募集検討の第7弾は募集馬と父が同じ&母父も同じの馬たちついてです。

オルフェーヴルの父ステイゴールド×母父メジロマックイーンの『ステマ配合』は有名ですが、募集馬と同じ配合の馬たちが結果を残していれば出資に対するモチベーションも大幅アップとなるでしょう。また、同配合の馬が多いということは生産者側も相性の良さを認識している証でもあります。

着度数は地方を含む全成績。収得賞金は勝利時や重賞2着で加算されるクラス分けの基準となる金額です。未出走馬は除いています。

f:id:s-bellto:20210619230729p:plain

f:id:s-bellto:20210619224741p:plain

f:id:s-bellto:20210619224755p:plain

まずはテーオーティアラ19の父アイルハヴアナザー×母父スペシャルウィーク。牝馬だけで12頭いますが、中央勝ち上がり馬は5頭と多め。ただ、2勝目をあげたのは1頭だけとやはりダート牝馬の2勝目の難しさが改めてよくわかるデータとなっています。

続いて、ハロックライン19のハービンジャー×キングカメハメハ。こちらも牝馬だけで19頭がいて、中央勝ち上がりは5頭。代表産駒はモズカッチャン。3歳時のエリザベス女王杯の勝利は印象深く、こんな馬になってくれたらと期待せずにはいられません。牡馬では稼ぎ頭のブラストワンピースもいて、超大物を一発狙うならこの馬、かもしれませんね。

デリキットピース19のキングカメハメハ×ホワイトマズルは意外に少なく2頭ですが、勝ち上がりの1頭はマーチS勝利のセンチュリオン。2012年生まれの9歳馬で同期はキタサンブラックやドゥラメンテ。なんと現在でも南関東で現役。4月にも浦和のOP戦を勝利している息の長い活躍馬が出ています。

 今回は以上です。