ノルマンディー2019年産3次募集検討【5:父馬の産駒、獲得賞金ベスト10】

f:id:s-bellto:20201001231031p:plain

ノルマンディー2019年産3次募集検討の第5弾は父馬の産駒における獲得賞金ベスト10です。

上から本賞金の多い順で中央所属時に獲得した賞金となります。

f:id:s-bellto:20210619073051p:plain

f:id:s-bellto:20210619071808p:plain

ここでも注目はデリキットピース19のキングカメハメハ。段違いの稼ぎっぷりですし、レッツゴードンキ以外の9頭が牡馬でイメージどおりの結果でした。牡馬の募集馬にとってはプラス材料ですね。

同じく牡馬に偏っているのはピュアフレグランス19のメイショウボーラー、テーオーティアラのアイルハヴアナザー。ダートを主戦場とする馬は高額賞金馬が牡馬ばかりになるのはやむを得ないと言えそう。アイルハヴアナザーの代表活躍牝馬となってほしいですね。

逆に、活躍牝馬の多いイメージのハービンジャーはノームコア、ディアドラ、モズカッチャンの3人娘が揃って2億円オーバー。しかも2頭がセレクトで2000万円代の馬と比較的割安だったのも好印象です。改めてみるとオータムセール440万円の募集馬はハービンジャー牝馬として激安ですね。

 

今回は以上です。