プリュムドールおめでとう!&今週のレース結果

f:id:s-bellto:20190915230238p:plain


f:id:s-bellto:20190405173305p:plain

 

金曜に「今週の出走馬」、日曜に「今週のレース結果」、勝利馬が出た時にはレース内容を文字に起こして、勝利の余韻に浸るお手伝いをします。

【今週の勝利馬】 

☆土曜・中京4R 3歳未勝利(牝・芝2000)プリュムドール1

ここ5走で3連続3着の後、連続2着。あと一押しが続いてきたプリュムドール。今回は牝馬限定の芝2000と絶好の条件での出走となりました。ライバルを見ると前走3着が5頭いるものの実績は断然こちらが上。単勝2.0倍の1番人気を背負い、日本人トップジョッキー川田騎手とのコンビで勝利を狙います。

スタートは五分に出たものの、外枠の馬がよれてきて体当たりをくらわされます。が、冷静に立て直し、何事もなかったかのように流れに乗り、最内、中団やや前目のポジションで1コーナーを回ります。前半は60.5秒のスローペース、逃げ馬が掛かり気味に進める中、プリュムドールは栗毛の馬体鮮やかに、リズムのよい走りで追走します。

4コーナーでは後方集団が一気に前との距離を詰めて、10頭ほどがひしめき合いながら直線へ。一方、プリュムドールは最内のまま我慢、直線勝負にかけます。すると掛かり気味に逃げていたメイショウの馬が急激に失速。残り400、その馬を避けると目の前にはビクトリーロードが開けます。ノーステッキで徐々に加速しながら残り200。ここから外の馬と最後の追い比べ、川田騎手は左ムチ4連打、それにしっかりと応えるプリュムドール。ライバルを一気に振り切ると、最後は1と3/4馬身差でゴール。待ちにまった初勝利を飾りました。

ライブ中継を見ていて、「力を信じて内で我慢してお見事!」と思っていましたが、改めてみると逃げ馬が掛かり気味、その馬が単勝300倍を超える馬ということも先読みして進路取りをしたのだろうなぁ、という印象を受けました。さすがは川田騎手、リーディング2位は伊達ではありません。ぜひ次もこのコンビで見たいですね。出資者のみなさん、おめでとうございました!

 

他にも惜しかったのが日曜のグラスピレ。前を行く3頭の直後、4番手からレースを進め、最後は3頭の叩き合い。残り100、グラスピレが力強く抜け出し待望の初勝利・・・と誰もが確信したところで、大外強襲の三浦皇成騎手騎乗ブロードマリーにかわされ惜しい、悔しい2着。鞍上の永野たけぞー騎手は4コーナーを回り、3頭の間をこじ開ける強気な競馬、長くいい脚を使うグラスピレの長所を引き出した好騎乗だっただけに、上がり36.7秒の豪脚を繰り出した相手を誉めるしかありません。次走こそ待望の初勝利を掴んでくれるはずです。

同じく日曜のエルズリー。札幌ダート1000でしたが、スタート直後に躓いてまさかの出遅れ。誰もが「今日は厳しいか・・・」と思う展開で直線を向いても最後方。残り200でもまだ最後方、レース映像から見切れてしまう状態。が、ここからが圧巻!大外からグングンと伸びて他馬をかわしていき、同じく差し込んできた7番と馬体をぴったり併せてゴールイン。しかし、掲示板に上がった数字はハナ差の2着。決勝写真を見ると1スリットの1/2~1/3差でおよそ4cm。ほんと惜しかったですが、状態しだいで連闘も視野とのこと。次こそ歓喜のゴールへ突き抜けてほしいですね。

1勝をあげたものの、実力どおりの結果とならずのレースもあり、ノルマン全体としては悔しい週末となってしまいました。特に3歳未勝利勢はタイムリミットの9/5で残り3ヶ月弱。優先権なしは辛い状況となりますが、必ず訪れる次のチャンスを掴んで勝ち上がりを期待したいところです。

f:id:s-bellto:20210613173541p:plain

f:id:s-bellto:20210613173628p:plain