ノルマンディー2019年産2次募集検討【10:所属予定厩舎の直近3年成績】

f:id:s-bellto:20201001231031p:plain

ノルマンディー2019年産2次募集検討の第10弾は所属厩舎の直近3年成績です。

各厩舎の2020年、2019年、2018年の成績です。芝・ダート・障害を含む全成績となっています。

f:id:s-bellto:20201224235653p:plain

注目はゴールデンレコード19の栗東・清水久嗣厩舎。厩舎の代表馬はキタサンブラック、そして最近ではコーフィールドCを制したメールドグラースなど、活躍馬を輩出している厩舎ですが、近3年成績も抜群によく、今年はベスト10をうかがう勢いです。そして、冠名ジョーの上田けい子さんの管理馬が多数在籍しており、先日の京阪杯で3着のジョーカプチーノ産駒・ジョーアラビカも管理馬です。実績があるから頼んだのか、はたまた厩舎側から預からせて欲しいとあったのかはわかりませんが、相当に期待が高いと考えてよいのではないでしょうか。。

スイートライラ19は美浦・奥村武厩舎。一昨年25勝で36位と開業以来、順調に勝ち星を伸ばしていましたが、昨年・今年は少し結果が出ていない様子。それでも18勝していますし、管理馬をみるとライジングリーズンの名前が。牧雄氏との信頼は厚いはずですし、狙っていきたい1頭といえるかもしれません。

今回の2次募集で1番人気かとも予想されるスフィンクス19は美浦・伊坂厩舎。今年8月に高橋義博厩舎の管理馬を全て引き継いで開業したばかりの厩舎です。これまでまだ勝利がありませんが、来年の飛躍に期待したいところです。 

今回は以上です。次回は馬体重別の成績をみてみたいと思います。