ノルマンディー2019年産2次募集検討【2:兄姉馬】

f:id:s-bellto:20201001231031p:plain

ノルマンディー2019年産2次募集検討の第2弾は兄姉馬についてです。

最上段が今回の募集馬、その下に年齢が若い順に兄姉を並べました。中央登録の有無に関わらず、すべての兄姉を掲載していますので抜けている場合は休胎、不受胎等で産駒がいないということなります。着度数は地方を含む全成績。収得賞金は本賞金ではなく、勝利時や重賞2着で加算されるクラス分けの基準となる金額です。

f:id:s-bellto:20201213210002p:plain

f:id:s-bellto:20201213210008p:plain

注目はスフィンクスの19。初仔で1歳上の兄・スペクタクルが先週に1勝クラスを快勝。この先も活躍が見込めそうです。それに続く2番仔となる本馬、それ以上の活躍を・・・と期待したくなります。

スイートライラの19は姉が4頭に対して兄は1頭。その兄であるハンターバレーは同じサンデー系のスズカフェニックス産駒で、芝中距離を堅実に走って3勝。ノルマン馬らしい、コツコツ走ってくれそうなイメージが湧きます。

ワイキューブの19は兄姉9頭で4頭が中央勝利。稼ぎ頭は兄・オメガシンドバッドで4勝馬ですし、姉・ファンシーリシェスも3勝をあげています。近2年の産駒が同じ牝馬で勝ち上がれてはいませんが、本馬はストロングリターンに父が変わりどうか、ですね。

今回は以上です。このような感じでデータが完成ししだい、不定期で少しづつアップしていきますので、次回もご期待ください!