ルクシオン・チェアリングソングおめでとう&今週のレース結果

f:id:s-bellto:20190915230238p:plain


f:id:s-bellto:20190405173305p:plain

大外一閃、秋の福島ノルマン祭りじゃ~!

金曜に「今週の出走馬」、日曜に「今週のレース結果」、勝利馬が出た時にはレース内容を文字に起こして、勝利の余韻に浸るお手伝いをします。

【今週の勝利馬】

 

☆日曜・福島10R 福島2歳S(オープン・芝1200)ルクシオン1着

小倉の九州産限定新馬戦で1着。その後、小倉2歳Sで4着、ききょうS4着と善戦を続けてきましたが、その後の出走レースが決まりそうで決まらず、二転三転。様々な声が聞こえる中で、河内先生の選択は福島最終日の芝1200戦。好位から競馬ができるルクシオンには最も適した舞台と思われました。この時点では・・・。鞍上は初コンビとなる西村淳也騎手、人気は6.9倍の3番人気でレースを迎えます。

スタートはこれまで同様にしっかりと決めてくれるかと思っていましたが、ゲートオープンのタイミングと合わなかったのか、後手を踏んでしまいます。しかし、遅れを取り返そうと無理に気合いを入れることはなく、後方からの競馬を西村騎手は選択します。1200m戦だけに各馬が躊躇なく前へと進んでいく中、西村騎手が懸命に手綱をしごくもルクシオンはなかなか流れに乗りきれず。隣を走る牧雄氏の馬にも手応えで劣っている様子でした。

4コーナー手前で徐々に追い上げを始めるもまだ大外15番手。しかし、ここからが圧巻!直線を向いて、馬群が横に大きく広がるとともに、ルクシオンはぐんぐん加速。他馬たちがバテている訳ではないのですが勢いの差は歴然。みるみる差が縮まっていき、全馬を差し切ってでゴール。驚愕の末脚でレースを制してしまいました!

正直に言います。3コーナー手前の様子をみて「あ~、今日は厳しいかぁ』と思っていました。かなり厳しい展開ながらも上がり34.9秒で完勝。相当な能力ですし、この先が非常に楽しみですね。レース後コメントでは「ここまでじっくり待った甲斐があった」「全てがうまくいった成果」と河内先生。これくらいポジティブでなければダービージョッキー、名手と呼ばれる男にはなれませんよね(笑)恐れ入りましたm(_ _)m

 

☆日曜・福島12R 会津特別(2勝クラス・芝1200)チェアリングソング1着

アレス、オルダージュとともにノルマン3頭出しとなった2020年福島競馬最終レース。チェアリングソングは昇級後3着・3着、しかも0.3秒差・0.0秒差と惜しいレースを続けてきただけにここは勝負気配。しかし、他にも好走馬が勢ぞろいで7頭が単勝10倍を切る大混戦模様。チェアリングソングは4番人気7.5倍、菱田騎手との初コンビでレースを迎えます。

スタートはしっかりと出ますが、一斉に前を獲りにいく他馬を横目に見ながら、無理はせずに中団外目のポジションを確保します。激しい先行争いの結果、前半3Fは34.0秒のハイペース。馬場のよい、かつコースロスの少ない、ちょうどよいあたりをリズムよく回っていき、絶好のポジションで4コーナーを迎えます。

馬群がほどよくばらけ、前は完全にクリアな状態。すいすいとポジションを上げていきます。直線に入り、大外から鋭い切れ味をみせるチェアリングソング。最後は後方待機の各馬と伸び比べとなりますが、1/2馬身前に出たまま押し切ってゴール。鮮やかな差し切りで3勝目をあげました。

 

かなりレベルの高いメンバーが揃った1戦でしたが、見事に勝ち切ったチェアリングソング、どんどん成長していますね。ノルマン馬の壁ともいえる2勝クラスを打ち破り、3勝クラスでも十分に活躍してくれそうです。出資者のみなさん、おめでとうございました!

また、アレスオルダージュも見せ場たっぷりの競馬。近いうちに「おめでとう!」記事を書くことになりそうですね。期待しています!

 

f:id:s-bellto:20201115214445p:plain

f:id:s-bellto:20201115214451p:plain