アースライザーおめでとう!&今週のレース結果

f:id:s-bellto:20190915230238p:plain


f:id:s-bellto:20190405173305p:plain

強気のイン突きで見事な『ノルマンやり』!

将一さ~ん、山田くんに座布団10枚持ってきて~!

毎週金曜に「今週の出走馬」、日曜に「今週のレース結果」、勝利馬が出た時にはレース内容を文字に起こして、勝利の余韻に浸るお手伝いができればと考えております。

【今週の勝利馬】

☆土曜・福島6R 1勝クラス(ダ1700・若手騎手)アースライザー1着

不良馬場での未勝利戦勝利からちょうど2ヶ月。昇級2戦目となるアースライザーでしたが、勝利時の山田騎手に手が戻り、ここは勝負気配。馬券ファンもさすがで、前走11着ながら前走を上回る5番人気8.6倍の評価。12頭だてで10倍以下が5頭もいる混戦模様、若手騎手どうしの腕比べが鍵を握りそうなレースとなります。

スタートはわずかに遅れ気味ながらしっかりと前へ出していき5番手で1コーナーへ。焦ることなく、リズムよい走りで道中を進みます。1つポジションを上げ、3コーナーを回る時にはスッと内に入れてラチ沿いへ。さらに1頭をかわして4コーナーでは抜群の手応えで2番手に進出します。

直線に入り、渾身の左ムチを打ち続ける山田騎手、それに応えるアースライザーですが、逃げ馬もしぶとく、なかなか差は縮まらずに残り100。よく見れば、水色+白山形の勝負服、岡田牧雄氏の馬ではありませんか。これは意地でも負けられません。

最後まで脚を使い続けたアースライザー。残り50mを切って、ようやく逃げ馬を捕らえ、勝った!と思ったところですが、外から1頭が猛烈な追い込み。一気に変わっても不思議のない勢いでしたが、ハナ差、凌ぎ切ったところがゴール。見事に1勝クラス突破を果たしました。

勝利のポイントとしては、宮先生もコメントされていますが、内にこだわって進路を取って逃げ馬とのマッチレースに持ち込んだことだと思います。無難に乗るなら外を回して、逃げ馬に粘られたor最後の最後かわされていたかも、と思える内容でありました。アースライザーを手の内に入れ、詰まることを恐れず、勝ちにこだわった騎乗をみせてくれた山田騎手、お見事でした!

 

見せ場たっぷりだったのが、土曜東京のアルトヴォラーレ。4コーナーを回って、横にずらっと広がっての追い比べ。その中で1頭だけ、抜群の手応えでグングン加速してきたのがアルトヴォラーレ。残り200で先頭。これはデビュー戦勝利か、と思いましたが、ルメール騎手騎乗の勝ち馬に上がり33.8秒の脚を使われての2着。アルトヴォラーレ自身も34.5秒の素晴らしい伸びをみせており、ここは相手が悪かったとしか言いようがありません。次走、人気を背負うことになりますが、間違いなく勝ち切ってくれると断言しておきます。ここ最近、ノルマン×戸崎騎手、相性抜群になっていますね。

日曜福島の障害戦ではアーネストホープが3着。ノルマンの主戦障害ジョッキーと言って過言がない伴騎手に導かれ、障害レースでは珍しいゴール前の差しつ差さされつで惜しい2着。かなりレベルの高い相手関係だったと思いますので、こちらもすぐに順番がきそうな感じです。

プリュムドールチェアリングソングも3着と先行募集に勢いをつけたチーム・ノルマンディー。来週も期待したいですね!

f:id:s-bellto:20201101231301p:plain

f:id:s-bellto:20201101231308p:plain