【しらべると】第一回選択希望お馬さん

f:id:s-bellto:20200124230235p:plain

昨日の予告どおり、ノルマンディー2019年産1次募集、私しらべるとはどう動くのか、です。しばしお付き合いくださいませ。今年の出資方針としては

①今年もおそらく1頭
ノルマンTwitter界で最も資金に乏しい馬主・しらべると氏。2019年産でも1頭の出資を予定しています。ただ、現役出資馬がアステルカーラ(牝2)1頭という非常に寂しい現状。『アステルカーラ大活躍』や『馬券で大儲け』があれば、2頭目もあるかもしれません。

②できれば関西馬
アステルカーラは関東馬。現地で応援したい派としてはできれば関西馬にしたいと思います。ただ、転厩の多いノルマンディーだけに今年は絶対条件にはしない方針です。

③予算は抑え目、目指せノルマンドリーム!
なんとしてでも初勝利をあげたい、チームしらべると。1頭入魂だけに高額馬へいきたいところですが、ここはグッと我慢。3万円までを一応の基準とします。

以上を基に、2019年産の検討を進めてまいりました。昨年の1次は「ポチらざること山のごとし」、スルーした訳ですが、今年はある1頭に白羽の矢が立ちました。それでは、参ります。

 

『ノルマンディー・ドラフト2020』

『それでは、指名発表は最下位チームから』

『第一回選択希望お馬さん チームしらべると』

ドゥルルルルルルルル、ドン!!

『スノースタイルの19』

『岡田スタッド生産・牝・父ゴールドシップ・1口42000円・美浦:中館英二厩舎』

 と決まりました~!!

 

という訳で、この馬に決めた理由はこんな感じです。

①ウォーキング動画で一目惚れ!
先週に公開された全馬の動画を順に見ていったのですが、「この佇まい、間違いなく走る!」と確信しました。


募集No.17_スノースタイルの19(父:ゴールドシップ)

全体的に柔らかみがあって、非常に好きな歩様なのですが、特に目を奪われたのが0:30頃からの正面映像。首を揺さぶりながら、自信たっぷりに歩いている様子が、「さすがは名牝・スマートレイアー&レジェンド・プラチナムバレットの妹!」と出資意欲が爆上げとなりましたた。

②帰ってきた岡田スタッドの至宝!
募集馬ラインナップが発表された時「まさか、再びノルマンディーで募集されるとは」と驚きました。「でも、お高いんでしょ・・」と当初は想定に入っていませんでしたが、格安の1口42000円。予算オーバー&関東所属ではありますが、ここは勝負したい、と思える馬に出会えました。

③ゴルシ産駒がこの価格で持てなくなる時代がすぐそこまで来てるっ!!
現3歳では牡のブラックホール、牝のウインマイティ―がクラシックで好走、現2歳も35頭が出走して勝ち上がり7頭と上々の滑り出し。今後、評価が上がっていくことが予想されます。ゴールドシップ×岡田スタッドの至宝がこの価格は魅力的です。

気になる点としては、「出産時20歳の高齢をどうみるか」ですが、私はまったく気にしていません。「これまでに優れた産駒を残してきたからこそ、20歳でも産駒が残せる」と考えています。また、馬体重は420kgと少し小さめでありますが、5/26の遅生まれ馬、大丈夫でしょう。検討記事の【8:生まれ月の有利不利(芝ダ・牡牝)】をみると、2歳戦においては5月生まれの勝率が若干低いものの、3歳になればほぼ差はなくなります。焦らず、ゆっくりと成長してくれればと願っています。

 

と書いてきましたが、今年の情勢からして間違いなく満口超え→口数調整で1口→抽選対象。特にプラチナムバレットの出資者さんは間違いなくいきますよね(笑)

いろいろな情報を総合すると、28頭中で2~3番人気あたりでしょうか。倍率も3~4倍くらいは覚悟する必要があるとみています。一昨年はオメガフレグランス17で落選の憂き目に合いましたが、今年は当選してみせます。必勝を期して、初日となる明日中に出資申し込みを行うことをここに宣言します!

 

みなさまはどのような決断に至ったでしょうか。明日からTwitterで溢れるであろう、ポチリ報告がとても楽しみです!