ノルマンディー2019年産1次募集検討【15:岡田スタッド生産馬】

f:id:s-bellto:20201001231031p:plain

ノルマンディー2019年産1次募集検討の第15弾は岡田スタッド生産馬についてです。

今年の1月に生産された全馬を一覧にしましたが、各セールを経て売れた馬はどの馬かを確認しておきます。グレー網掛けがセール売却済み、黄色網掛けが今回の1次募集馬です。庭先取引等で売却された馬については公式な情報がありませんので、そのままになっています。

f:id:s-bellto:20201028232402p:plain

f:id:s-bellto:20201028232344p:plain

f:id:s-bellto:20201028232350p:plain

 

当然ではありますが、売却済みの馬がかなり増えています。気になるところとしてはキョウエイトルース19(牡・父ロードカナロア)は4400万円と残念ながら売却済み。残りわずかとなるキンカメ産駒&ディープ産駒2頭も非常に高額で売却されています。

とはいえ、まだまだ網掛けのかかっていない馬も多く、ここから2次募集馬、3次募集馬がいるのも事実。モトヒメ19(牝・父シルバーステート)、フサイチリニモ19(父キタサンブラック)あたりがくれば面白そうですし、GⅠ馬オメガパフュームの母で2017年産では一番人気だったオメガフレグランス19(父ロージズインメイ)もくれば人気となるでしょうね。超大穴はメリッサ19(牝・父ディープインパクト)。ノルマン史上最高値間違いなしでしょうが・・・ないですね(笑)

ということで、15本に渡りお届けしました1次募集検討記事も一旦ここまでとさせていただきます。今年もたくさんの方にご覧いただき、ありがとうございました。少しでも、検討を楽しむ手助けになっていれば幸いです。

明後日10/30には先行募集がスタートする訳ですが、私しらべるとはどう動くのか、明日10/29に発表したいと思います!(そんなに引っ張るほどのものでもありませんが・・・)