ノルマンディー2019年産1次募集検討【14:父馬産駒の馬体重別成績(後編・牝)】

f:id:s-bellto:20201001231031p:plain

ノルマンディー2019年産1次募集検討の第14弾は父馬産駒の馬体重別成績、後編です。

今回は各父馬の産駒における出走時馬体重別の成績をみていきます。期間は初年度から先週末10/18までの全成績とし、牡セ・牝で分けています。また、測尺時点での馬体重を濃い黄色に網掛けしています。現時点でデビュー後の馬体重を予想するのは困難ですが、およその目安にしてもらえるとよいかと思います。

f:id:s-bellto:20201024225153p:plain

f:id:s-bellto:20201024225121p:plain

f:id:s-bellto:20201024225256p:plain

目についたのがエピファネイア産駒の2頭。現時点でぺブルガーデン19が432kg、ローザレーヌ19が426kgと軽めですが、今のところエピファ牝馬は軽めの馬でもしっかいと勝ち星をあげている様子。問題なさそうですね。

ダイワメジャー産駒は比較的馬体重のある産駒が多いようですが、パゲラ19は現在418kgと少し軽め。このあたりが価格が安い理由となっていそうですが、実際の走りはどうなるのか、今後の成長しだいといえそうです。

ブラックタイド産駒のリトルビスケット19は今回の募集馬でもっとも軽い408kg。成績をみると、重くなるほどに勝率が上がっている様子なので、この先の成長に期待したいところですね。

今回は以上です。