一口馬主 収支報告【2020年9月まで】

f:id:s-bellto:20190915230538p:plain

【お詫び】先月8月分はアップし忘れていたため、2ヶ月ぶりの記事となっています。また、一部、計算式が間違えていた箇所があり、改めて作成しなおしています。

一口馬主しらべるとがどれくらいのお金をノルマンディーにお支払いしていて、どれくらいの賞金・分配金をもらうことができるのか、月1回更新で収支報告を行うのがこの記事。「これから一口馬主を始めてみようかな」、「ノルマンディーなら安く楽しめるのかな?」と調べている方のお役に立てれば幸いです。

では、2020年9月までの収支です。その他では月会費1100円をお支払いしています。

f:id:s-bellto:20200713222501p:plain

f:id:s-bellto:20201017181851p:plain

f:id:s-bellto:20201017181857p:plain

先日、残念ながらファンド解散、サラオク出品が発表されたカーヴィーレーザーですが、今回の収支では門別初戦を終えたところまで。最下級クラスで6着、賞金はありませんので出走手当7万円のみ。ここから経費等を抜いて、400口に分割すると・・・「1円!」正直、ビックリしました。地方競馬の厳しさ、JRAの賞金・手当の高さを実感しました。一方で、入厩中の維持費は544円と中央での半額以下とお安くなっています。

 

アステルカーラは外厩で過ごす1ヶ月となりましたので、月の維持費は安め。岡田スタッドの時と変わらない程度です。強いメニューではないものの乗り込みを重ね、そろそろ再入厩の声がかかってよいはず。チームしらべると唯一の現役馬となっただけに、期待は高まります。

そしていよいよ2019年産1次募集が開始間近、新戦力補充へどう動くか、ただいま検討中です。なお、現時点でクラブポイントは2957ポイント。たった年1頭で、今年1月に全ポイントを使ったにもかかわらず、これだけ貯まっているのはありがたいですね!