ノルマンディー2019年産1次募集検討【7:募集馬の3/4同血馬(前編)】

f:id:s-bellto:20201001231031p:plain

ノルマンディー2019年産1次募集検討の第7弾は募集馬と父が同じ&母父も同じの馬たちついてです。

オルフェーヴルの父ステイゴールド×母父メジロマックイーンの『ステマ配合』は有名ですが、募集馬と同じ配合の馬たちが結果を残していれば出資に対するモチベーションも大幅アップとなるでしょう。また、同配合の馬が多いということは生産者側も相性の良さを認識している証でもあります。

着度数は地方を含む全成績。収得賞金は勝利時や重賞2着で加算されるクラス分けの基準となる金額です。

f:id:s-bellto:20201009233443p:plain

f:id:s-bellto:20201009233450p:plain

新種牡馬や世代が少ない種牡馬が多く、3/4同血馬がいない馬も多いですが、その中で目を引くのはシュヴァリエ19のマツリダゴッホ×フレンチデピュティ。6頭中4頭が勝ち上がり、そのうち3頭はノルマンディーでお馴染みの母プレシャスドロップの仔となります。ゴッホを知り尽くす岡田スタッドだけに、満を持して配合してきたと考えてよいかもしれません。

クイックコード19のスクリーンヒーロー×ダンスインザダークは6頭いて、2歳馬を除くと2頭でいずれも2勝馬となっています。「2打数2安打」は心強い材料ですね。

ソラコマチ19のリオンディーズ×サクラバクシンオーは現2歳が初年度ですが5頭もいて、好相性だと見越していることがうかがえます。デビュー済み3頭のうち1頭が新馬勝ち、こちらもいい感じではないでしょうか。

今回は以上です。明日、後編をお届けします。