ノルマンディー2019年産1次募集検討【5:父馬の産駒、獲得賞金ベスト10(後編)】

f:id:s-bellto:20201001231031p:plain

ノルマンディー2019年産1次募集検討の第5弾は父馬の産駒における獲得賞金ベスト10の後編です。

上から本賞金の多い順で中央所属時に獲得した賞金となります。

f:id:s-bellto:20201007222205p:plain

f:id:s-bellto:20201007222215p:plain

f:id:s-bellto:20201007223419p:plain

目を引くところではパゲラの19の父ダイワメジャー。さすがはリーディング上位常連、ベスト10は2億越え。しかもトップが牝馬のナックビーナスというのも夢が膨らみます。

リトルビスケットの19の父ブラックタイドは18億円のキタサンブラックは別格ながら、1億超えが7頭。ただ、牝馬は1頭のみで牡優勢がみえるだけに、牝馬の募集馬をどうみるか、判断が分かれるところかもしれません。

今回は以上です。本日10/7に口数と価格が発表されました。次回はこれを踏まえて、種付け料との比較をしたいと思います。小出しマンディーの秋、まだまだ2コーナーを回ったあたりです。楽しんでいきましょう!