ノルマンディー2019年産1次募集検討【4:父馬の芝ダート、牡牝別成績(後編)】

f:id:s-bellto:20201001231031p:plain

ノルマンディー2019年産1次募集検討の第4弾は父馬の芝ダート、牡牝別成績の後編です。

【芝・牡、芝・牝、ダート・牡、ダート・牝】の4条件に分類して各父馬の成績を出しています。 移り変わりの激しい種牡馬の世界ですので最新の動向を知るべく、今年2020年の年初から9月終了までで集計しています。

f:id:s-bellto:20201005223817p:plain

f:id:s-bellto:20201005223822p:plain

目立つところではぺブルガーデンの19&ローザレーヌの19のエピファネイア。無敗の2冠牝馬に代表されるように、芝では牡と牝でほぼ同数の勝鞍をあげ、活躍しています。一方で牝馬のダートは苦戦しており、両募集馬も芝での活躍を期待したいところです。

リトルビスケットの19のブラックタイドは芝ダート、牡牝問わずでバランスのよい成績、安心感がありますね。

パゲラの19のダイワメジャーは好成績ではありますが、牡と牝を比べると明らかに牡が優勢。またダートの牝馬はわずか5勝。芝で活躍したドイツ生まれの母だけに主戦場は芝となりそうですが少し気になる点でもあります。

今回は以上です。次回は初めての試みとして父馬の産駒における獲得賞金ベスト5をまとめてみたいと思います。スクリーンヒーロー産駒であれば「モーリス2世」や「ゴールドアクター2世」を目指したいところ。その父の最高傑作を知ることで、活躍のイメージを持っていただこうという趣旨です。「好成績なのは牡なのか、牝なのか」や、「活躍馬が出たのは直近なのか、5年前、10年前なのか」で今の勢いもみれるかなと考えています。ご期待ください。