アースライザーおめでとう!&今週のレース結果

f:id:s-bellto:20190915230238p:plain


f:id:s-bellto:20190405173305p:plain

2/11・・奇跡の抽選突破からの大逆転勝利!

諦めない心、これぞノルマンディー魂!!

 

毎週金曜に「今週の出走馬」、日曜に「今週のレース結果」、勝利馬が出た時にはレース内容を文字に起こして、勝利の余韻に浸るお手伝いができればと考えております。

 それでは今週の結果です。

【今週の勝利馬】

☆日曜・札幌6R 3歳未勝利(ダ1700)アースライザー1着

先週は11頭中2頭しか出走が叶わない状況から抽選を潜り抜け、レースでも鋭い差し脚を繰り出して2着。勢いそのままに、宮先生は連闘を選択してきました。前走と異なるのは水が浮くほどの不良馬場。その変化をどう克服するのか、山田騎手の手綱さばきにすべてが託されました。人気は一気に高まり3番人気の5.9倍、多くの期待を背負って、勝利を目指します。

スタートは今回も五分。内枠馬に積極的に出ていく馬がいない中、山田騎手は躊躇なく前のポジションを取りにいきます。外の馬を先にいかせて、2番手を確保。ロスなく、内、内を回っていきます。向こう正面から3コーナーを迎えるところで残り600。ここで山田騎手が動き、あっさり逃げ馬を捕まえ、先頭に立ちます。残り500あたり、右後方を一瞬チラリと確認する山田騎手、ライバルの動向を踏まえて、残り400のハロン棒通過と同時に左ムチ2発。逃げ込みを図ります。4コーナーを最内で回り、あとは栄光目指して、力強く大地を蹴り上げるのみ。残り200で後ろから馬体を併せようと追い上げてきますが、ここでアースライザーは懸命にもうひと伸び。最後は差を広げて1馬身差のゴール!左手にグッと力を入れ小さくガッツポーズ、ポンポンと首筋を触って愛馬をねぎらった山田騎手の姿が印象的でした。

先週、抽選に漏れていたならば、今週・来週でも出走すらできなかった可能性もあります。掴んだ幸運をしっかりと離さず、厳しい連闘&不良馬場でも力を出し切ったアースライザー、本当に立派です。

何より勝利の立役者は山田敬士騎手。『好スタートから前をとる、600mで前に出る、400mでスパート』と最初から鮮明にイメージしていたのでは、と思える好騎乗でした。私自身、実は記憶が繋がってはいなかったのですが、山田騎手といえばデビュー年の距離誤認騎乗で3ヶ月の騎乗停止を受けたジョッキー。周りに支えられ、苦難を乗り越え、昨年8勝に対して今年は既に13勝と一歩づづ成績を伸ばしています。リーディング上位騎手騎乗も嬉しいですが、がんばる若手ジョッキーとのコンビ3戦目で掴んだ勝利というのも格別ですね。

Twitterでフォローさせてもらっている方に出資者さんが多く、たくさんのおめでとうが溢れていました。私も本当に嬉しかったです。アースライザーを信じ続けたみなさま、おめでとうございました!

他にもあと一歩のレースが多かったですが、まずは日曜のホーリーライン。3戦連続の3着から4度目の正直を狙いましたが、2馬身差の2着。直線で勝ち馬に先に前へ出られてしまったのが残念でしたが、重馬場でもよく頑張ってくれました。

土曜のミニオンペールは前走を引きずることなく、末脚鋭く伸びての3着。この内容からすれば直線の長いコースで更に前進となりそうですね。同じレースのアレスも中団から終始ロスのない競馬で脚を伸ばしての4着。このメンバーで抜けた1番人気に支持されるのはポテンシャルの高さが認められているからこそ。すぐに順番がきそうですね。

同じく土曜のニーニャは3アウト停止明け、しかも強敵揃いの中で見事な走りをみせて4着。新馬戦3着の実力をみせてくれました。優先権を獲得しましたので、ここは連闘でラストチャンスにかけることになるのでしょうか。動向に注目です。

夏競馬も残り1週、来週もおめでとう記事が書きたいですね!

f:id:s-bellto:20200830201522p:plain

f:id:s-bellto:20200830201525p:plain