ノルマンディー2018年産2次募集検討【5&6:募集馬の3/4兄姉馬】

f:id:s-bellto:20190920235129p:plain

ノルマンディー2018年産2次募集検討の第5弾&第6弾は募集馬と父が同じ&母父も同じの馬たちついてです。便宜上、3/4兄姉馬と呼んでいて、過去の募集馬検討でも何度か取り上げたことがあります。1次募集と番号を揃えるため、5&6となっています。

オルフェーヴルの父ステイゴールド×母父メジロマックイーンの『ステマ配合』は有名ですが、募集馬と同じ配合の馬たちが結果を残していれば出資に対するモチベーションも大幅アップとなるでしょう。また、同配合の馬が多いということは生産者側も相性の良さを認識している証でもあります。

それでは3/4兄姉馬の一覧です。着度数は地方を含む中央所属時の全成績。収得賞金は勝利時や重賞2着で加算されるクラス分けの基準となる金額です。未出走馬は除いています。

(訂正)【アドバンスクラーレの18】の父がドゥラメンテではなくジャスタウェイとなっていました。失礼しました。

f:id:s-bellto:20200605232347p:plain

注目なのが【エロ―ジュの18】、9頭から3頭が中央勝利をあげています。代表産駒は我らがノルマンディーのルグランパントル。中央4勝した後、現在は障害未勝利でもあと一歩のところで着実に賞金を積み上げてくれています。先輩のような息の長い活躍を期待したいですね。

また、【ミルテの18】は4頭中2頭が中央勝利でどちらも2勝馬。その1頭、タマモツワモノはデビュー以来3戦2勝とかなりの素質をみせていたようですので(現在は抹消・地方入りとの情報あり)、かなりの好相性といえそうです。全兄のカツノセヴンスの成績をどう判断するかでしょうか。

【ミラクルキャンディーの18】はご存知の方も多いと思いますが、長谷川牧場さんの信念なのか3年連続ドリームジャーニー産駒。募集馬と同じ牡馬が勝ち上がっているのは期待が高まります。

【クイックメールの18】のマツリダゴッホ×タイキシャトルはたくさんの頭数がいることから生産側で期待が高い配合なのかと思われますが、現時点で中央勝ちは1頭のみとなっています。

今回は以上です。