ノルマンディー2018年産3次募集検討【2:兄姉馬】

f:id:s-bellto:20190920235129p:plain

ノルマンディー2018年産3次募集検討の第2弾は兄姉馬についてです。

最上段が今回の募集馬、その下に年齢が若い順に兄姉を並べました。中央登録の有無に関わらず、すべての兄姉を掲載していますので抜けている場合は休胎、不受胎等で産駒がいないということなります。着度数は地方を含む全成績。収得賞金は本賞金ではなく、勝利時や重賞2着で加算されるクラス分けの基準となる金額です。 

f:id:s-bellto:20200530144203p:plain

f:id:s-bellto:20200530145130p:plain

まず注目したいのがノルマン現役馬・ミラビリアの妹となる【タニノエクセレントの18】。中央勝利の兄姉が4頭と好成績をあげています。スピルバーグに代わってどうか、ですね。

続いては【クイックメールの18】。同じくノルマン現役馬・シュエットヌーベルの妹となります。こちらも中央勝利の兄姉が3頭と優秀ですし、1歳上の兄は新馬勝ちで、その後も1勝クラス2着があり勝ち上がるのは時間の問題の様子。兄姉重視派の人は候補になりそうです。

【アドバンスクラーレの18】は6世代連続の牡馬となっており、セール取引馬はいずれも高額。今回、ドゥラメンテ産駒で1903万円は非常にお買い得であったことがわかります。中央勝利1頭だけなのが気になりますが、1歳上の兄が1月の新馬戦で3着と上々の滑り出しをみせています。そろそろ大物誕生、という考え方もできそうですね。

 

今回は以上です。募集開始までに予告をした記事を全てアップできるように頑張ります!