桜花賞への道・3歳牝馬収得賞金順位と今後の見通し【しらべる023-3】

f:id:s-bellto:20190902230203p:plain

【お願い】今回の記事は独自に検索をかけて、手作業でしらべたものとなります。間違いや抜け等がありましたら、優しくご指摘いただけると幸いです。回避馬の想定については決定事項ではありませんので、その点はご容赦ください。

 

前回の「しらべる023-2」でお届けした

『デアリングタクトの桜花賞制覇!』

を目指し、出走見通しをまとめた記事の続編です。まずは前回の時系列に沿って、先週末の結果をおさらいしていきます。

 

■3/14・ファルコンS
1着が2勝馬の牝馬・シャインガーネット、2着が牡馬のラウダシオンとなりました。その結果、デアリングタクトの出走順は牝馬が1着、牡馬が2着:1ランクダウンとなりました。 

■3/15・フィリーズレビュー
1着から3着までに優先出走権が与えられましたので、自動的に3ランクダウンとなりました。デアリングタクトと同じ収得賞金の1600万ケープコッドは8着で優先権獲得ならずでした。 

■3/15・アネモネS
1着と2着に優先出走権が与えられましたので、自動的に2ランクダウンとなりました。 

ということで、この時点での収得賞金順は以下のとおり・・・なのですが、本日3/17にファルコンS勝ちのシャインガーネットが桜花賞には向かわず、NHKマイルを目指すことを馬主の山口氏が明言されています。またTwitter情報によると、12番目のエレナアヴァンティが5月の葵ステークスに向かう予定との話が出ています。また、19番目のスカイグルーヴも回避との噂が出ています。両馬とも現時点で帰厩しておらず、ある程度、信ぴょう性は高いかと思われますので、回避するとみて話を進めます。ということで、それを踏まえるとこのようになります。

f:id:s-bellto:20200318001110p:plain

現時点でデアリングタクトは15~17番目とギリギリ出走圏内です。

そして、今週金曜が運命のフラワーCです。1着で1750万追加、2着で700万追加となります。出走登録馬をみると【新馬or未勝利と1勝クラス勝ちの2勝馬(収得賞金900万)】が4頭、【新馬or未勝利勝ちの1勝馬(収得賞金400万)】が12頭です。1着馬はデアリングタクトの収得賞金を上回るので自動的に1ランクダウン、2着馬は2勝馬が来た場合に限りデアリングタクトと同じ1600万円となります。ですので、

『1ランクダウン』または『1ランクダウン+同順位馬の1頭追加』

となります。なお、Twitter情報では「この馬は賞金加算しても桜へ行かない」といった噂も複数馬見かけましたが詳細不明のため、一旦は考慮しないこととしました。また、2勝馬のクリスティはデアリングタクトと同じ杉山厩舎所属。もしこの馬がキャスティングボートを握ることとになれば・・・、邪推はやめておきましょう(笑)

 

 

上記からの予想ですが、フラワーCは2着に2勝馬がきて、1ランクダウンと同順位馬が1頭追加。その結果、

『 デアリングタクトは16~19番目。シャインガーネット・エレナアヴァンティ以外にもう1頭くらい回避が出て、滑り込みセーフ⊂(・∀・)⊃ 』

をしらべるとの見立てとしたいと思います。シャインガーネット・エレナアヴァンティ以外に回避が出ず、最も厳しいケースとなっても16~19番目で3/4の抽選。我らノルマン民の想いを結集すれば必ずや突破できるでしょう!今週金曜のフラワーCから目が離せません!