様子見すること陽のごとし

f:id:s-bellto:20191023211056p:plain

昨日12/23、ノルマンディー2018年産2次募集の申込がスタートしました。午前中のうちに地方所属の100口馬【ギタートウショウの18】は満口となり、人気が予想された【マイディアソングの18】も23時を待たずして満口に。あちこちから聞こえるポチり報告にこちらまで興奮してしまいます。その他の募集馬は「申込受付中」で200口以上残っていると思われます。この先も少しづつ売れていき、警報が出れば一気に満口まで雪崩を打つ、といった展開になりそうですね。twitterをみていると【タニノジャドールの18】は近そうな予感がします。

 

1次募集では「ポチらざること山のごとし」の私しらべると。今回はどう決断したのか発表します。

「積極的な様子見、おそらく1/5までに決める!」

決断の流れはこんな感じです。

 

①栗東2頭はキツイでごんす・・・

所属厩舎発表当初からお伝えしていたとおり、栗東所属はわずか2頭。「この2択なら・・・」とどちらか一方をポチる寸前までいきましたが、最後の一押しまで気持ちが盛り上がりませんでした。ちなみに、馬名総選挙に参加ができませんので1次募集馬に遡ることもほぼ100%ありません。

 

②やっぱり気になる・・・

所属厩舎発表前の検討時点で「栗東にくるならこの子」と想いを寄せていた子がいます。しかし、残念なことに美浦所属。公式HPや、うま太郎さんの写真や動画をみても評価はさらに上昇しました。「自分の直感を信じて関東馬に決める」のか、「現地応援を優先して3次募集を待つ」のか、まだ決めきれていません。理想は3次募集が発表された後に比較して決めたいですが、馬名総選挙には間に合わないですし、おそらくそれまでに満口となりそう。ということで、決めるなら一括10%割引のある1/5を期限に判断したいと思います。

 

年間1頭だからこそ迷いに迷うしらべると。いよいよ山が動くのか、今後にご期待ください(笑)