ノルマンディー2018年産2次募集検討【11&12:父馬の体重別成績編】

f:id:s-bellto:20190920235129p:plain

ノルマンディー2018年産2次募集検討の第11&12弾は父馬の体重別成績です。

各父馬の産駒における出走時馬体重別の成績をまとめました。期間は産駒デビューから先週末12/15までの全成績とし、牡セン・牝で分けています。また、測尺時点での馬体重を濃い黄色、そこから成長分を考えて+30kgまでを薄い黄色に網掛けしています。現時点でデビュー後の馬体重を予想するのは困難ですが、およその目安にしてもらえるとよいかと思います。

f:id:s-bellto:20191220010406p:plain

f:id:s-bellto:20191220010411p:plain

かなりの人気が予想される【ギタートウショウの18】は出走数・勝ち星ともに多いホットゾーンの馬体重といえそうです。その他の募集馬もおおむねマイナス材料はない印象です。あえて言えば、マツリダゴッホ牝馬は大きい馬自体が少なく、勝利数も少ないようなので【ゴールドルージュの18】は今後あまり大きくなり過ぎない方がよいかもしれません。

また、2019年初年度デビューのカレンブラックヒル産駒【サニーヘイローの18】や外国産馬扱いの成績で牝馬がほとんどいない【マイディアソングの18】はデータが不足しているので評価ができません。生産地においても同様だと思いますので、未知の魅力=価格安めに繋がっているはず。そこにかけるのも一興です。

今回は以上です。