ノルマンディー2018年産2次募集検討【1:募集馬一覧と生産者・セール追加】

f:id:s-bellto:20190920235129p:plain

先週のノルマンディー懇親会でアナウンスがあり、昨日12/2に正式に発表された2018年産2次募集馬。当ブログのメイン記事のひとつが募集馬検討で、1次募集ではたくさんの方にご覧いただくことができました。今回もみなさんの期待に応えられるようにがんばります!

今年は2次募集も、馬名、基本情報、口数のみが発表されるチラみせスタイルでスタートしました。まずは募集馬一覧です。

f:id:s-bellto:20191203233703p:plain

昨年の2次より2頭多い、牡4頭・牝8頭の計12頭となりました。父馬に注目すると、ノルマンディーの主力であるマツリダゴッホ&アイルハヴアナザー、1次ではいなかったロージズインメイやメイショウボーラーのなじみの顔、カレンブラックヒルやディスクリートキャットの未知の魅力、トーセンジョーダンやバトルプランといった渋めの血統まで多種多彩な血統が並ぶ、面白いラインナップといえます。

続いて、生産者とセール名・購入価格です。

f:id:s-bellto:20191203233723p:plain

今回はセール馬が中心となっており、取引価格は1次募集と比べてかなり安価。募集価格もかなり抑えられることになりそうです。気になるところでは父がマツリダゴッホの【ゴールドルージュの18】。産駒の特徴を知り尽くしているノルマンディーが岡田スタッド産ではないゴッホ産駒を競り落とした訳ですので、これは明確な狙いがあるような気がしてきます。落札価格140.4万円と超格安なのも魅力的です。最高値は【マイディアソングの18】ですが、それでも864万円なので、募集価格としては3万円台でしょう。非サンデーの父×母父ディープ。一発あって不思議のない配合といえそうです。

以上、本日は短めですがここまでです。明日以降もいろいろしらべていきますのでご期待ください!2日おきくらいの更新を予定しています。