#デアリングタクト おめでとう!&今週のレース結果【Allez ! La Normandie !】

f:id:s-bellto:20190915230238p:plain


f:id:s-bellto:20190405173305p:plain

 毎週金曜に「今週の出走馬」、日曜に「今週のレース結果」、勝利馬が出た時にはレース内容を文字に起こして、勝利の余韻に浸るお手伝いができればと考えております。今週は3日開催の為、月曜の更新となりました。

 では、今週のレース結果です。

【今週の勝利馬】
土曜・京都6R 2歳新馬 デアリングタクト1着

 

「やった~!」「嬉しい~!」だけではなく、「クラシック登録しといてよかった!」「実はノルマンディー馬じゃないんじゃない」なんて声があがるほどネット界隈は騒然としている快勝劇。振り返ってまいりましょう!

 

仕上がりのよさ、エピファネイア×デアリング一族の筋の通った血統、そして松山騎手騎乗の勝負気配も敏感に察して堂々の2番人気・4.8倍に推されます。馬券ファンはさすがですね。

スタートを見事に決めて、スムーズに脚を伸ばしながらも無理はせず、中団からのレースを松山騎手は選択します。前半600mが36.8秒とゆったりした流れの中でも折り合いはしっかりついて、一団馬群の中ほどをキープ。3コーナーから4コーナーからの下りでもじっと我慢し続け、5番手で直線に向きます。馬群は横に広がり、どこからでも抜け出せる状態でしたが松山騎手はまだ抑えたまま。そして残り200で外へ、まだ5番手。ここからが圧巻!軽く仕掛けるやいなやアッという間に3頭を置き去りにし、残すは先頭1頭のみ。「一気に抜けた!」と実況アナの絶叫とともに、馬体を併せる間もなく先頭をかわしきるとグングン差は広がり、2馬身差をつけてゴール!レースラップの最後1Fが11.3秒ですので、それ以上の脚でデアリングタクトは差し切ったことになります。実況アナが「3番デアリングタクト、一瞬の脚でした!」と内の馬だけを見ていた言い訳っぽいコメントしてしまうのもこの末脚では無理もありません(笑)

絶好調のエピファネイア産駒、特に牝馬での活躍が目立っているだけに、このレースぶりと相まって、クラシックを意識できる大物誕生と言ってよいのではないでしょうか。我が愛馬ルルドでお世話になった杉山先生もノルマンディー馬での初勝利となりました。おめでとうございます!(もっと早く初勝利をプレゼントしたかったなぁ・・・)

 

と勝利の余韻にひたっているさなか、次週日曜の京都9R・白菊賞へ登録されていることが話題となっています。状態次第ではありますが、連闘策ということでしょうか。

ちなみに、我が愛馬ルルドも10戦のうち2戦が連闘でのレース、杉山先生は連闘に積極的な印象を持っています。レース選び全般においても相手関係をみて、少しでも可能性の高いレースへの出走を柔軟に決める先生です。水曜に発表される想定どうりに出走登録する方が少ないぐらいでした(笑)

白菊賞の登録状況をみると、7頭だてで相手関係もかなり楽に戦えそうな様子。ここを勝って、一息いれて、春のクラシックへ・・となれば理想的とも言えますが果たしてどうなるのか、週明けから目が離せません。

夢がふくらむ新馬勝ち、出資者のみなさん、おめでとうございました!

f:id:s-bellto:20191117213556p:plain

f:id:s-bellto:20191117213606p:plain