ノルマンディー2017年産3次募集馬検討その1

f:id:s-bellto:20190415232427p:plain

お待たせ致しました。1週間後の4/22より募集スタートとなるノルマンディー3次募集馬について、簡単ではありますが調べていきたいと思います。まずは、募集馬のラインナップです。

f:id:s-bellto:20190415232651p:plain

今回はすべて400口募集、しかも3万円を切るお値頃馬ばかりですが、ここから当たりを探してこそノルマンディー。他クラブにはない魅力と言えます。父馬をみると近年よく募集されている常連がいたり、初登場のアドマイヤマックスやトゥザグローリーがいたりと2次募集以上に面白いラインナップではないでしょうか。

続いて、父馬のリーディング順位から近年の勢いを見ていきます。加えて、芝のみ・ダートのみの順位を見比べると、主にどちらに適性があるのかを見極める手掛かりとなりそうです。

f:id:s-bellto:20190415233518p:plain

実績最上位はキネオソレイユ17の父・アイルハヴアナザー。昨日アンタレスSを制したアナザートゥルースの父でもある訳ですが、デビュー2年目から堅実に中位をキープ。2019年はさらに順位を上げ、この先の活躍が大いに期待できそうです。特に2019年はダートリーディング5位で、これはゴールドアリュール・エンパイアメーカー・ヘニーヒューズ・クロフネに続く順位。しかも、上位4頭より出走頭数がかなり少なく、アーニングインデックスでは上回っている状況です。この先、ダートの本流血統となる勢いが見て取れます。フリオーソ、ロージズインメイも同じくダート血統となりますが、こちらも安定して中位をキープしています。

次回に続きます。