【ルルド】含水率10%、なんという僥倖・・!

f:id:s-bellto:20190410230716p:plain

明日4/13(土)阪神3Rの未勝利戦(ダ1800)に出走するルルドですが、4枠9番と決まりました。オッズは23:45現在で7番人気の27.7倍。まだまだ票数が少ないながらも、なめられたもんです。私しらべると、怒っています。プンプン丸です。「阪神での4着、3着を見てないのか!」と。

しかしながら、馬柱だけ見れば「阪神なら巻き返せる!」と期待できているのが我らルルドを愛するものだけなのも無理はないところ。改めて今回のレースに向けて、しらべていきます。

まずは阪神ダート1800、16頭立て馬番別成績です。

f:id:s-bellto:20190412230823p:plain

内外大きな偏りはありませんが、若干中枠が有利といったところでしょうか。9番が少し低めの数字でありますが、2018年は勝率7.7%、2016年は勝率10.6%と良い年もありますので、特に気にする必要はないと判断します。

続いて脚質別成績です。

f:id:s-bellto:20190413001030p:plain

明らかに前が有利、先行有利です。昨日の記事のとおり、差しが得意なシュタルケ騎手といえども勝ち切ることを考えると、せめて中団前目くらいのポジションはとっておきたいところです。

最後に最も重要だと考えているのが、含水率です。以前、第6戦11着のレースの後に、このような記事を書きました。

これまでのレース時におけるJRA発表の含水率をしらべると、第2戦4着時は3%前後(阪神)、第3戦3着時は7%前後(阪神)、第4戦7着時は2%前後(中京)、第5戦11着時は2%前後(中京)。このことから「中京のパサパサダートに苦しんだ」と考えていたのですが、今回は4/12(金)10時時点で

馬場状態:稍重
含水率:10%台

となっており、かなり水分を含んだ状態。そして好走の第3戦に近い状態で戦うことができそうであります。これは明らかに追い風っ!僥倖であります。

今週の関西は水曜にまとまった雨が降り、木曜・金曜は日中晴れたり曇ったりですが、朝晩の気温は低めとなっています。レース当日も晴れ見込みですが急激に乾くとも考えられず、締まったダートでのスピードが求められるレースとなりそうです。距離こそ違えど一気に3着まで押し上げた末脚、シュタルケ騎手の剛腕で発揮されると信じています。口取りも当選で準備は万端。明日は阪神競馬場へ出撃です!