【ルルド】過去対戦馬の次走しらべてみた

f:id:s-bellto:20190410230716p:plain

ここまで6戦を戦ってきた我が愛馬ルルド。今回は過去の対戦馬たちの次走はどうだったのか、しらべてみました。好成績の馬が多ければ「ルルドもやれるんじゃね」と強気になれるのではないか、という見立てです。では6戦分まとめてどうぞ。

f:id:s-bellto:20190410230938p:plain

f:id:s-bellto:20190410230945p:plain

f:id:s-bellto:20190410230952p:plain

f:id:s-bellto:20190410231004p:plain

f:id:s-bellto:20190410231010p:plain

f:id:s-bellto:20190410231015p:plain

比較対象がないので印象だけではありますが、着順に見合った平均的な相手だったのかな、と感じました。

注目するとすれば、ルルド3着の第3戦。2・4・5・7着馬がその後に未勝利2着となっている、粒ぞろいの一戦でした。この4着以下を直線一気でかわした末脚は自信を持っていいかと思います。

ルルド11着となった第5戦は相手どうこうという内容ではなかったとはいえ、次走好走の馬が多いようにレベルはなかなか高かったとみることができそうです。

そして前走の第6戦。勝ち馬はニュージーランドトロフィーで5着と健闘。2着馬は馬券圏内7回の超堅実馬。3着馬もデビューから5戦連続で馬券圏内と上位は強者揃いだったと振り返ることができます。1.5秒離されましたが、悲観する必要はなさそうです。

本日、想定が出て、予定どおり4/13(土)の阪神ダート1800を予定しているとのこと。騎手もシュタルケ騎手を確保できたようです。ここはなんとしても抽選突破したいところ。競馬の神様、お願いします!