【ルルド】4戦目は中京、鮫島騎手乗れる!!

f:id:s-bellto:20181213212755p:plain

本日、週一の更新があり、ルルドは一旦宇治田原優駿ステーブルへ移動、しばしのリフレッシュとなるようです。順調であれば、1/19(土)の中京ダート1400・若手騎手限定で勝利を目指すこととなるようです。昨日の記事で疑問だった「141勝の鮫島騎手は乗れるの??」について、杉山先生のコメントで『来年から施行ルールが変わる』とのことで解決しました。しらべるとへのアンサーに見えたのは自意識過剰でしょうか(笑)

よくよく検索をかけると2019年から「勝利度数の制限は撤廃して7年未満の騎手」とのルール変更が告示されていました。勉強不足ですいません。

という訳で、2019年1月時点で若手騎手の対象となるであろう、現在7年未満の騎手について通算勝利数をランキングにしてみました。根拠となる規定は見つけられませんでしたがおそらく対象外の戸崎騎手、ルメール騎手、Mデムーロ騎手は除きました。

f:id:s-bellto:20181221224959p:plain
以上のとおり、菱田騎手と松若騎手が抜けた存在ではありますが、我らが鮫島騎手も4年目で141勝は立派な数字です。これを見ると、減量のなくなる100勝を境に成績を落としている騎手が多く、若手騎手の壁になっているのがよくわかります。

今回ルルドが出走することになれば鮫島騎手は減量なし。レースの特性上、3kg減を狙う陣営も多そうです。負担重量のハンデはルルド&鮫島騎手の実力でカバー、初勝利へ向けてまずはしっかり疲れを癒してきてほしいと思います。3連戦よくがんばりました!

【訂正】菜々子騎手が乗れば3kg減と書いていたのですが、女性減量のルールは3月からのようなので適用されず、現在なら2kg減、それまでに勝ちが増えれば1kg減になることもある状況です。訂正いたします。