ノルマンディー2017年産2次募集馬検討その2

f:id:s-bellto:20181218231324p:plain

昨日12/19より先着順にて募集開始。早速100口募集・南関東所属予定のビービーバカラの17が満口となりました。一方でその他の9頭は残口警報は出ておらず、半数以上が残っている状態です。

f:id:s-bellto:20181219215424p:plain

即満口はないと見越して様子見なのか、1次で出資完了・2次は見送りの方が多いのか、出足は鈍いのが現状のようです。とはいえ、10%オフ期間も年明け1/4まで続き、年末に向けて少しづつ動いてくるのかな、と思います。

本日は募集馬の兄弟を調べてみました。活躍馬の有無は各サイトで取り上げられていますので、もう一歩深入りして、母馬の出産年齢、何頭産駒がいて、どの産駒が中央で勝利しているのか、牡牝も含めて表記しています。

f:id:s-bellto:20181219221243p:plain

目を引くのは、4頭勝ち上がりで牡2頭が4勝と3勝のニシノマイヒメの17、直近3世代で勝利馬を出しているドゥオナーの17あたりでしょうか。一発を狙うなら初仔のジェルヴェーズの17、バアゼルザウバーの17、マイネホコモモラの17なども面白そうです。

ちなみに、いまだ2017年産未出資のしらべるとですが、2次募集馬で栗東所属が3頭と少なく、どうしたものかとかなり迷っております。少し気になっている1次募集の残り馬にギリギリでいくのか、はたまた3次募集を待つのか、悩みどころです。