【ルルド】ダートでGO!

f:id:s-bellto:20181129225958p:plain

我が愛馬ルルドの2戦目は12/1(土)阪神2R未勝利戦ダート1400と決まりました。想定では土曜の芝1400か、日曜の芝1600となっておりましたが、一転してダート1400へエントリー。相手関係をみての判断とのことですが、馬柱を見比べると納得かなと思います。杉山先生は本当に柔軟にレースを選んでこられますね。

昨日の追い切りがCWコース・助手さん騎乗で800mを54.3-39.4-12.8で末一杯に追った様子。馬なりの相手と同入とのことで、正直これをみて「開幕週の早い芝、う~ん・・・、いや、きっと大丈夫!」と自分に言い聞かせていたのですが、この追い切りもダート挑戦へと矛先を変えた要因でしょうか。芝のスタートを活かして、先手を取って、先頭のまま勝負根性で粘りこみ、こんな感じが理想といえそうです。「まずはスタートを決めるのじゃ!」競馬の神様の声も聞こえてきます。

実は昨日、改めてキンシャサノキセキのデータを調べていました。以前にキンシャサといえばスプリント!と書いた気がしますが、芝・ダート別で短距離成績をみてみると

f:id:s-bellto:20181129232349p:plain

やはり、ダート優勢なんですよね。今回のダート1400も得意条件であることは明白。期待が高まります。

デビュー戦で少し自信を失いつつありましたが、今回が早期の未勝利勝ちへの試金石。相手関係をみると、せめて掲示板は確保したいところ。いやいや、もちろん勝利を目指して、ホーム・阪神競馬場へ出陣です。前回同様、現場からの写真もアップしますのでご期待ください!

 

【追記】

ノルマンディー同級生で同じキンシャサノキセキ産駒の牝馬、フェアリースキップも日曜中京のダート1200で初ダート挑戦とのこと。同じような狙いでしょうね。出資者の方がこの記事をご覧いただけているかは微妙ですが、上記のとおり、ダート1200は最も得意条件。キンシャサコンビで土・日連勝といきたいですね!